【瞬発力はAMG C 63以上】メルセデスAMG CLA 45 Sシューティングブレークへ試乗

公開 : 2020.07.17 10:20

素直でありながら荒々しい二面性

走り始めると、AMG CLA 45 Sシューティングブレークの二面性が面白い。とても素直に走るお手本のようなクルマでありながら、目まいがするほどの激しいパフォーマンスを見せつけてくれる。

一般道を速めのペースで普通に運転している限り、ソフトなサスペンション設定なら、乗り心地は穏やか。ただし、強い衝撃でバンプストッパーに当たることはないものの、瞬間的に、ドキッとするほど落ち着きを失う場面がある。ボディとシャシーが別の方向へ動きたがるように。

メルセデスAMG CLA 45 Sシューティングブレーク(英国仕様)
メルセデスAMG CLA 45 Sシューティングブレーク(英国仕様)

ステアリングの反応は鮮明で、フィードバックも濃く、操縦性には優れる。乾燥路面でのグリップ力は凄まじいものの、濡れていれば、驚くほど簡単にトラクションを失わせることも可能だ。

1L当たり200psを超えるパワーを生み出すエンジンは、高速道路なら燃費は13.5km/Lに届く。巨大なターボを装備し、ピークパワーの高さやトルクの山がある割に、どこを走るにしても気難しいことはない。

ドライブ・モードを切り替える度に、AMG CLA 45 Sシューティングブレークの能力に並ぶライバルは、ほとんどいないと実感する。

A45 Sとホイールベースは同じながら、トレッド幅はCLAの方が少し広い。それでもコンパクトなボディは、狭い道でもストレスを感じさせないプロポーションを保っている。

エンジンはフロントタイヤの車軸より前方に搭載されているものの、位置はかなり低め。低い重心が、コーナリング時にボディをフラットに保てる要因の1つとなっている。

 
最新試乗記

人気記事