レクサスGS にハイブリッドモデル、GS300hを設定

2013.10.17

レクサスは、GSにハイブリッドモデル GS300hを設定したほか、GS450h、GS350、GS250を一部改良し、10月17日に発売した。

GS300hは、2.5ℓ直列4気筒アトキンソンサイクルD-4Sエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。その合計パワーは220PSだ。また、JC08モード走行燃費23.2km/ℓを実現している。

また、一部改良では、GS350(2WD車)に8速SPDSの新採用。ブラインドスポットモニターをオプション設定し、 さらにヘッドアップディスプレイをカラー表示に変更するなどが行われた。

また、インテリアでは、バンブーのオーナメントパネルの設定をGS350、GS250の“Version L”、“I package”に、本木目のオーナメントパネルの設定を“F SPORT”に拡大採用。このほか、LSにも採用したレクサス クライメイト コンシェルジュを標準装備するなどの改良も施されている。

エクステリアでは、全車においてフロントフォグランプをLEDタイプに変更したほか、LEDデイライト機能を追加。 “version L”には、19インチアルミホイールをオプション設定している。

価格は5,140,000円から8,040,000万円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース