【詳細データテスト】BMW X7 小型車並みの制動距離 リムジン並みの静粛性 ハンドリングと乗り心地のバランスも上々

公開 : 2020.09.19 11:50  更新 : 2020.09.22 05:54

内装 ★★★★★★★★★☆

要塞を思わせるエクステリアは、好き嫌いがはっきり分かれそうだが、インテリアについてはより多くの合意が取れそうだ。

テスト車はM50iに、4995ポンド(約69.9万円)のフルメリノレザーシートを装備した、この上なく豪華な仕様。また、基本的な構造はX5同様の優秀なレイアウトで、比率だけを7シリーズ並みにスケールアップし、ヘッドルームも増している。

X5同様に優れたレイアウトで、7シリーズのように広々としたキャビンは、頭上にもゆとりがある。3列目へのアクセスは良好とはいえないが、乗り込めば快適に過ごせるスペースがある。
X5同様に優れたレイアウトで、7シリーズのように広々としたキャビンは、頭上にもゆとりがある。3列目へのアクセスは良好とはいえないが、乗り込めば快適に過ごせるスペースがある。    MAX EDLESTON

アメニティについても不足はない。このBMW最大のモデルは、5ゾーンエアコンや調整可能なアンビエントライト、温度調整式カップホルダー、マッサージ機能付きフロントシートを装備。

ルーフは、ところどころ途切れてはいるものの、ほぼ全長いっぱいがガラス張りだ。また、ルーフライニングにはロールス・ロイスのスターライトヘッドライナーのようにLEDが散りばめられている。

インフォテインメントに関しては、向かうところ敵なしだ。たとえ、GLSの大画面ディスプレイが、X7のそれより驚きを呼ぶような要素だったとしてもだ。

もし、X7にわずかでも不足しているものがあるとしたら、雰囲気だろうか。レンジローバーの大型モデルが備えている、ラウンジ的なフィールはない。GLSと比べてもクールなキャビンで、乗員をプロテクトするような包まれ感が強い。

だが、質感は高い。おそらく、奇妙なほど魂が込もってはない改良版のアウディQ7より上だろう。

またX7は、BMWにおけるシートアレンジの新次元を切り拓いた。GLSやQ7と同じく標準装備される3列目シートへのアクセスは、思ったよりも不便だ。というのも、Cピラーと電動可倒式2列目シートとの間隔がそれほど広くないのである。

しかしながら、いったん最後列に収まってしまえば、乗員の快適性は、3シリーズの前席と比べても大きく見劣りすることのないレベルだ。

テスト車はオプションの6座レイアウト仕様で、2列目には3人掛けベンチの代わりに大ぶりのシートが2脚据え付けられる。これもレンジローバーのようなビジネスクラスを思わせる雰囲気こそないものの、スペースでは上回る。

テールゲートは古典的ともいえる上下分割式で、ラゲッジスペースのフロアはほぼフラット。積載容量は、3列目シート使用時でも326Lある。ハッチバックのファミリーカーよりやや少ない程度で、6〜7名乗車でこの数字ならまずまず悪くない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事