【詳細データテスト】BMW X7 小型車並みの制動距離 リムジン並みの静粛性 ハンドリングと乗り心地のバランスも上々

公開 : 2020.09.19 11:50  更新 : 2020.09.22 05:54

結論 ★★★★★★★★☆☆

X7は、エンスージアスト受けする類のBMWではないが、こと最上位グレードのM50iに関する限り、オーナーがそれを気に病む心配はなさそうだ。

BMWがこのマーケットに参入しようとした決断は、北米や中東のような広い道に恵まれない欧州のドライバーからすれば疑問を覚えるだろう。しかし、このレンジローバーのライバルの完成度について、少なくともその走りを非難することは難しい。

結論:驚くほど大柄で、うらやましいほど洗練されている。しかし、多くのひとびとにとってはあまりにも過剰なクルマだ。
結論:驚くほど大柄で、うらやましいほど洗練されている。しかし、多くのひとびとにとってはあまりにも過剰なクルマだ。    MAX EDLESTON

長距離走行でのマナーは非の打ちどころがなく、キャビンは広くて快適で、ハンドリングは驚くほどコンフィデンスをもたらしてくれる。穏やかながらもパワフルなクロスプレーンV8エンジンを積み、どこをとっても意外なくらい好ましい道連れだといえる。

しかしながら、このクルマにはオフロードでの究極的な信頼性やキャビンの雰囲気で、レンジローバーには及ばない。また、どうしても3列シートが必要というのでなければ、6気筒のX5のほうが魅力的な選択肢となる。弟分のほうが走りは甘美で、ランニングコストは低く抑えられ、見栄えがよく、挙動の洗練度で引けを取ることもほぼない。

それゆえ英国では、X7を求めるユーザーは少数派となるだろう。しかし、500psオーバーのSUVとなれば話は別だ。需要は少なくないだろう。

担当テスターのアドバイス

サイモン・デイヴィス

速いSUVとしては、本格Mモデルよりも絶対的に円熟したMパフォーマンスのほうが間違いなく好みだ。BMW Mがエアサスペンションを使うならば、X7 Mはまったく異なるクルマになるはずだ。しかし、それでM50iのような懐の広い運動性能を実現できたなら、それこそ驚きだ。

リチャード・レーン

このMバッジを持つX7が控えめだと評価されることは絶対にないはずだ。しかし、もっと迫力のある見た目とパワーを求めるというなら、アルピナXB7という選択肢がある。 

オプション追加のアドバイス

絶対におすすめなのは、2450ポンド(約34.3万円)のエグゼクティブドライブ・プロパッケージと1195ポンド(約16.7万円)のインテグラルアクティブステアリング。バウワース&ウィルキンスのサウンドシステムはエクセレントだが、3280ポンド(約45.9万円)とかなり高価だ。

改善してほしいポイント

・キドニーグリルが大きすぎる。いくら車体が大きくても、やはり見栄えはよくない。
・プラグインハイブリッド仕様には、EV走行でほかにはないような航続距離を実現してほしい。110kmは超えてもらいたいところだ。
・ウェイトは重すぎる。大きくて高性能なクルマではあるが、軽量化の余地はあるはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事