【詳細データテスト】BMW X7 小型車並みの制動距離 リムジン並みの静粛性 ハンドリングと乗り心地のバランスも上々

公開 : 2020.09.19 11:50  更新 : 2020.09.22 05:54

使い勝手 ★★★★★★★★★☆

インフォテインメント

X7のインフォテインメントシステムは、iドライブの最新版を採用。扱いやすいおなじみのダイヤル式コントローラーと、タッチとジェスチャーでの操作が可能な新型の12.3インチディスプレイを組み合わせ、音声操作にも対応している。

動作はなめらかで、レイアウトは直観的。視認性にも優れている。同じく12.3インチのディスプレイは、メーターパネルにも使用。おそらく、この環境のもっとも優れた特性は、メルセデス・ベンツGLSやアウディQ7のシステムと異なり、前方視界を妨げず、ダッシュボード上の占有スペースがそれほど大きくないことだ。

もはやiドライブの性能的な優秀さは言わずもがなだが、ライバルのシステムに比べて前方視界を妨げにくいディスプレイのレイアウトも長所に挙げられる。エンタテインメント系のオプションは充実している。
もはやiドライブの性能的な優秀さは言わずもがなだが、ライバルのシステムに比べて前方視界を妨げにくいディスプレイのレイアウトも長所に挙げられる。エンタテインメント系のオプションは充実している。    MAX EDLESTON

USBポートは、3列目も含めた室内の各所に用意。プロフェッショナル・エンタテインメントパッケージを追加すれば、2列目に10.2インチディスプレイが2画面と、BD/DVDプレイヤー、HDMI端子が設置される。

テスト車に装着されていたバウワース&ウィルキンスのサウンドシステムは、3280ポンド(約45.9万円)のオプション。出力は1500Wで、よほどのオーディオマニアでなければ、ほかにはめったにないほど豊かで鮮明な音質に満足できるはずだ。

燈火類

BMWのレーザーライト・ヘッドライトは、ローライトであっても、照射範囲の幅と高さ、明るさのいずれもがすばらしい。ハイビームは、今回は試す機会がなかった。

ステアリングとペダル

ステアリングホイールとペダルの配置について、なんら不満はない。BMWの常で、シートとステアリングコラムの調整に関しても上々だ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記