【詳細データテスト】ポールスター1 長いEV走行距離 高速域では快適だがやや非力 もっと軽ければ

公開 : 2020.10.31 18:50

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

このクルマは、特有の欠点がいくつかあるにもかかわらず、きわめて快適で、穏やかで、快適に運転できる。電動走行時はなめらかで静か、しかも運転しやすい。また高速での長距離走行時の乗り心地が落ち着いているので、キャビンのシーリングを気にすることはめったにないはずだ。

低速での乗り心地は、やや騒々しく、扱いにくいところがある。ポールスターがクラス標準に従い、もっと多目的性が望めるエアスプリングを装着させていたなら、こうはならなかっただろう。キャビンの左側に座って英国の道を走ると、路肩に近い側を通るので、右側に座った場合の倍ほども、座面越しに凹凸を感じさせられる。

市街地での乗り心地には落ち着きのないところもあるが、速度域が上がると改善される。風切り音には改善の余地ありだ。
市街地での乗り心地には落ち着きのないところもあるが、速度域が上がると改善される。風切り音には改善の余地ありだ。    JOHN BRADSHAW

ところが、市街地を出れば乗り心地の落ち着きは大幅に向上するうえ、ダンパーの調節も可能なので、低速域での神経質さを大きな減点材料にするつもりはない。そういうところはあるが、ひどく厄介ではないのだ。

がっかりするほど風切り音が小さくなかったのも大きな問題ではないが、見過ごしにもできない。サイドウインドウにラミネートガラスを使っているのに、そこを手当てしなかったのは不思議だ。頭の後ろ辺りのサイドウインドウのエッジで、明らかにフラッターが発生している。

これは、生産を重ねるにつれて改善を図ってほしいポイントだ。包まれ感のある魅力的なキャビンは、間違いなくその手間をかける価値がある。

 

人気記事