【詳細データテスト】ポールスター1 長いEV走行距離 高速域では快適だがやや非力 もっと軽ければ

公開 : 2020.10.31 18:50

走り ★★★★★★★☆☆☆

ポールスター1の速さは、まさしく609psのグランドツアラーに期待するレベルに達している。とはいえ、そのパフォーマンスは大陸横断を意図した高速GTに典型的なそれとはまったく異なる。

しかも、その速さも豊かさも、これがロングツアラーとして最も魅力的な一台だと教えてくれはしなかった。そのキャラクターは、じつに適応能力に優れ、懐の広さをみせる。また、次から次へとフィーリングが移り変わるものだ。

比較的低い速度では、モーターの性能が効いて、どのギアを選んでも加速タイムに大きな差は生じないが、モーターのスイートスポットを過ぎてしまう高速域では、エンジンパワーの不足を痛感する。
比較的低い速度では、モーターの性能が効いて、どのギアを選んでも加速タイムに大きな差は生じないが、モーターのスイートスポットを過ぎてしまう高速域では、エンジンパワーの不足を痛感する。    JOHN BRADSHAW

フル充電で出発すると、EV走行のピュアをはじめ、ハイブリッド、AWD、パワー、インディビデュアルの各走行モードがいずれも選択できる。ピュアは電力のみで、ハイブリッドではスロットルペダルを強く踏み込んだ際にエンジンが加勢する。

パワーとAWDでは継続的にエンジンが稼働するが、それぞれの狙いは異なる。

パワーモードを選び、静止状態からただただスロットルペダルを踏み込めば、4.3秒で97km/hに達する。ベントレーの最新2ドアモデルやフェラーリ、アストンマーティンにはやや後れるが、それは48−113km/hの追い越し加速でも同じことがいえる。

少なくとも低速からの加速は、本当に力強く感じられ、レスポンスにも優れる。ただし、その力強さがシームレスに続くかどうかは、エンジンのマネージメントに左右されるところが多少ある。基本的に、エンジンは景気よく回し、ペダルを踏み込む前にシフトパドルで低いギアをセレクトしておくことだ。

奇妙なことだが、低いスピードからの加速のレートは、選んだギアとまったく関係ない。電動リアアクスルの影響は、固定ギアでの加速タイムに明らかだ。64−97km/hは3速で2秒ほどだが、4速でも5速でも、6速であってさえ大差ないのである。

シングルスピードのモーターを用い、前輪を駆動するエンジンの出力が310psに止まることの欠点は多少なりともある。モーターのトルクピークを大きく超えてしまう113−193km/h加速は9.0秒で、アストンマーティンDB11 V12よりもトヨタGRスープラに近い。

洗練性にも問題がある。モーター走行しているうちはじつに快適なのだが、エンジンがかかり回転が上がると騒がしく、上品さが損なわれる。4気筒ユニットの全開時には、サウンドにスムースさも感動もまったくない。

低回転域で負荷がかかった際には、より魅力的なところが感じられる。そこでは、かろうじて聞こえるハイピッチな電気モーター音よりスーパーチャージャーの吸気音が際立つのだ。そうはいっても、音量規制が厳しくなりつつある中でさえ、この価格帯のクルマはもっとリッチでいい音を聞かせてくれる。

 

人気記事