【最新EV対決】後編 似て非なる3台 ニーズ次第でどれも勝者の可能性あり 実用性ならID.4

公開 : 2021.04.03 21:45  更新 : 2021.07.12 18:48

万人受けしそうなID.4

マッハEは、ほかより運動性を重視したテイストが好ましいいっぽうで、ダルいキャビンや、ときとしてゴツゴツする乗り心地には魅力を感じられない。じつのところ、これは3台中でもっとも効率に優れ、テスト中の航続距離は360kmと、ID.4の348kmやポールスター2の303kmを上回った。

それでも、この3台の中から1台だけを選ぶなら、それはこのクルマではない。

ハンドリングやスポーティな運動性ならマッハE、価格が高くても上質さやさらなる動力性能を求めるならポールスター2だが、実用性と完成度の高さを重視するならID.4を選びたい。
ハンドリングやスポーティな運動性ならマッハE、価格が高くても上質さやさらなる動力性能を求めるならポールスター2だが、実用性と完成度の高さを重視するならID.4を選びたい。    Luc Lacey

消去法の結果、残るのはID.4だ。たしかに、この中ではもっとも遅く、お堅いクルマだ。しかし同時に、みごとなまでの完璧さや円熟味は、まさしくフォルクスワーゲンらしい。ちょうど、バッテリー動力のティグアンといったところで、だとすれば多くのひとびとにウケるに違いない。

最終的には、どのクルマを選ぶかは、自分がどこにプライオリティを置くかによって決まる。どれも堅実で、価格設定も納得できる。また、スタイルはそれぞれ異なるが、ファミリーカーとして使いやすい電動クロスオーバー、いずれをとってもじつに好意的に受け入れられる。

個人的にどれを選ぶかは決まったが、その選択が必ずしも絶対ではないと思う。ひとによって答えは違うだろう。ただし、どれを選んだとしても、電動化されたパーソナルな移動手段の未来は、すでに用意ができているのだと思わせてくれるはずだ。願わくは、充電インフラの整備に、車両の進化へ追いついてもらいたいものだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲンの人気画像