【最新EV対決】後編 似て非なる3台 ニーズ次第でどれも勝者の可能性あり 実用性ならID.4

公開 : 2021.04.03 21:45  更新 : 2021.07.12 18:48

最新EV3台、いよいよ試乗です。乗り比べてみると、いずれもブランドの特色が驚くほど明確に感じられました。一応の順位は決めたものの、まったく個性が違うので、お好みやニーズ次第でどれを選んでも楽しめそうです。

高級感に勝るポールスター

text:Simon Davis(サイモン・デイヴィス)
photo:Luc Lacey(リュク・レイシー)

充電中の3台を観察していて、おもしろいことに気づいた。まず、これは予想できたことだが、ポールスターは高級感という点で、ほかの2台と比べものにならないということだ。

テスト車は4000ポンド(約56万円)のオプションである淡色のナッパレザーと端材を再構築したウッドパネルを装着してはいるものの、標準仕様でもラウンジのようなクールさは変わらない。

通常はグレーかブラックとなるポールスター2のインテリア。このバーレー色は4000ポンド(約56万円)のオプション。
通常はグレーかブラックとなるポールスター2のインテリア。このバーレー色は4000ポンド(約56万円)のオプション。    Luc Lacey

収納スペースも十分に備えている。ただし、標準装備されるパノラミックグラスルーフは鉱石の頭上スペースを侵害している。また、内燃エンジン主体のボルボ製プラットフォームがベースなので、センタートンネルが後席中央のスペースを、小さな子どもでないと窮屈なくらいに狭めている。

対照的に、マッハEのキャビンは、いかにもフォードらしい雰囲気だ。いってしまえば、マテリアルの上質さやデザインの大胆さと魅力で、ほかに勝るところはない。テスラのような大画面のタッチ式センターディスプレイを装備して、好ましいハイテク感を加えてさえ、どこかパッとしないのだ。

ただし、前席はポールスターほど安楽ではないものの、後席に座っても頭上にルーフの圧迫感を覚えることはない。明らかに広さでは上回っている。

実用性が光るID.4

だが、高級感と広さのバランスが最も優れているのはID.4だ。

硬い手触りのプラスティックが多用されているので、ポールスターほどの豪華さは感じられない。しかし、フォルクスワーゲンがID.4のキャビンをデザイン面で魅力的に仕上げようとした努力は、フォードがマッハEに注ぎ込んだそれより上だと思うはずだ。

ID.4のインテリアに使われるプラスティックは味気ないが、悪い感じのするものではない。
ID.4のインテリアに使われるプラスティックは味気ないが、悪い感じのするものではない。    Luc Lacey

ファーストエディションは、グレーとブラウンのシートや内装トリムを標準装備。派手ではないシャレた見栄えで、鮮明なホワイトのステアリングホイールなどとのコントラストもいい感じ。ただし、汚れがつかないよう常に気をつけたくなりそうではあるが。

もっともキャビンが広く感じさせるのも、これまたフォルクスワーゲンだ。後席に座るとマッハEと大差ないが、荷室に目を移すと、ID.4の優位性が際立つ。

ウインドウの高さまでで543Lという容量は、ポールスターの446LとマッハEの402Lのいずれをも上回る。ファミリーカーとしての使い勝手では、フォルクスワーゲンがトップだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォルクスワーゲン ID.4の人気画像

×