ホンダのSAFETY MAPがATTTアワード最優秀賞を受賞

2014.03.12

ホンダのソーシャルマップ、SAFETY MAPが、第5回 国際自動車通信技術展(略称:ATTT、主催:国際自動車通信技術展実行委員会)に合わせて行われるATTTアワードにおいて、最優秀賞を受賞した。

このSAFETY MAPは、インターナビから収集した急ブレーキ多発地点データ、交通事故情報、地域住民などから投稿される危険スポットの情報を地図上に掲載し、その地域の住民、学校、企業などの安全活動に活用してもらうことを目的としたソーシャルマップだ。

今回の審査では、「自社ビジネスのためでなく、ユーザーに目を向けて情報を広く一般に公開していること」と「ナビメーカーを含めた他社が今まで行われなかった新しい取り組みであること」が高く評価されたというのが受賞理由。

SAFETY MAPは2013年3月に埼玉県の情報を一般公開し、同年9月からは公開範囲を全国に拡大し、全国から多くのアクセスと投稿がされている。2014年3月末までに9府県の警察本部から交通事故情報のデータ提供を受け、より豊富な情報がSAFETY MAPに反映される予定だという。

なお、SAFETY MAPは、http://www.honda.co.jp/safetymap/からパソコンやスマートフォンで見ることが可能だ。

関連テーマ

 
最新国内ニュース