25th マロニエラン in 日光

2014.04.19-20

text & photo:Shunichi Uchida (内田俊一) photo:Chizuko Uchida(内田千鶴子)

 
25回目を迎える老舗クラシックカーイベント、マロニエランin日光が開催された。

このイベントが四半世紀も続けられて来た秘訣は、基本的な開催スタイルやコースを変更しない“変わらない魅力”があったからだろう。

その魅力が、エントラントからは“安心感”につながり、ほぼ変わらぬ顔ぶれが毎年参加している。特に皆勤賞が4組もいることは、他のイベントでは聞いたことがない。それだけこのイベントが皆から愛されている証拠だ。

エントリーは今年も40台ほどで、初日は日光霧降アイスアリーナ駐車場でジムカーナを行った後、いくつかの競技をこなしながら、日光いろは坂を越えて中禅寺金谷ホテルにゴール。翌日はホテル駐車場にてコンクールデレガンスが開催された。

  • ジムカーナにトライする、アバルト750GTザガート。排気量等の係数をかけた結果、優勝を飾った。

  • ショーファー付きで長く乗られていたメルセデス・ベンツ190Cがジムカーナに挑戦。ハンドル操作が忙しそう。

  • ジムカーナを完走し、ゴールするモーガン4/4。翌日のコンクールデレガンスで受賞した。

  • ジムカーナ終了後は、マロニエランへスタート。快調に出発するモーリス・ミニ・カントリーマン。

  • 峠道を大笹牧場へ快調に駆け上がるMGB。今回はMG-B GTも参加し、オープンとクローズドの揃い踏みとなった。

  • ジャガーEタイプ。以前少しエンジンの調子を崩していたが、今回は絶好調での参加となった。

  • 素晴らしいシチュエーションとマセラティ・ギブリ・スパイダー。これ以上何を望もうというのか。

  • ランチア・アッピア・ザガートGTEのオーナーと前出のマセラティ・オーナーは、皆勤賞参加者だ。

  • 素晴らしいコンディションのボルボPV544は、オランダで長年暮らしていた個体だという。

  • 白いボディが映えるディーノ246GTS。オーナー曰くもう20年は所有している由。

  • 1日目の工程を終えて中禅寺金谷ホテルにゴールするMG-B。お疲れさまでした。

  • 25回連続で参加したエントラントたちと主催者。アットホームで心が和む素晴らしいマロニエワールドだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

イベントの人気画像