83歳の現役ラリー・ドライバー、ボブ・ビーン 衰えぬ情熱 愛車は1963年式フォード・コルティナ

公開 : 2022.01.20 18:05

ボブ・ビーンは英国ラリー界の伝説的存在で、83歳と高齢ながら愛車のコルティナとたくましい走りを見せます。

83歳の現役ドライバー 相棒は70歳

世界ラリー選手権で活躍するエルフィン・エバンスとコ・ドライバーのスコット・マーティン、そしてトヨタヤリスWRCの年齢を足すと、やっと70歳を超えるくらいになる。一方、ベテランドライバーのボブ・ビーン、コ・ドライバーのコリン・トンプソンとフォードロータス・コルティナを同じように考えてみると、答えは212歳になる。

ボブ・ビーンは英国ラリー界の伝説的存在であり、83年のうち62年間ラリーを続けているが、衰える気配はない。最近の彼の武器は1963年製の由緒あるフォード・コルティナ・ロータスで、1968年以前のクルマが参加するカテゴリー1のヒストリカルレースで活躍している。

ボブ・ビーンのフォード・コルティナ・ロータス
ボブ・ビーンのフォード・コルティナ・ロータス

彼のコ・ドライバーであるトンプソンは70歳と“若く”、ヨークシャー人民民主共和国(80年代のシェフィールドを揶揄する言葉)を代表する強力なコンビだ。正確には、クレックヒートンという、そこから1kmほど離れた場所に住んでいる。

ビーンの情熱は英国ラリー界でも際立っており、ヨークシャー出身らしいユーモアのセンスが光っている。彼はトンプソンとともに、5日間、計515kmに及ぶロジャー・アルバート・クラーク・ラリーに参戦したばかりだ。

たくましいビーンは、RAC(王立自動車クラブ)ラリーやロジャー・アルバート・クラーク・ラリーに40回以上出場した経験をもとに、すべてを楽々とやってのけている。

衰えを知らない視力と情熱

数年前のロジャー・アルバート・クラーク・ラリーで、ビーンらしいエピソードがある。

サービス・ストップに到着したビーンは、笑い転げながら、ヨークシャー人ならではの出来事を告白した。スペシャルステージの序盤、隣に座るトンプソンのペースノートがほとんど聞こえず、インターコムに問題があるに違いないと訴えたのだ。しかし、ステージ終了後にヘルメットを脱いでみると、トレードマークのフラットキャップをかぶっていたため耳が塞がれ、コ・ドライバーからの情報が届かないという事態に陥っていた。

ボブ・ビーン(左)
ボブ・ビーン(左)

「コ・ドライバーというだけでなく、介護者でもあるんです」とトンプソンは自分の役割について冗談交じりに語る。

1980年代初頭、愛するヨークシャーの森で初めて一緒にラリーをした2人は、その後40年にわたり頻繁に競技を続けてきた。

「もうやめたいとは思わないよ」とビーン。「どのイベントも楽しかったですから」

経験したイベントの中には、RACラリーへの挑戦のほか、これまでに14回開催されたロジャー・アルバート・クラーク・ラリーの第1回目を除くすべてのラリーもある。

「これは生き方であり、今でも好きなんだ」

驚くべきことに、ビーンは眼鏡をかける必要がなく、霧が降りたステージも好んでいるという。60歳以上のドライバーの多くが霧や暗闇のステージを嫌う中、彼は視界が悪いときに本領を発揮する。

ラリーのトップエンドは若者のスポーツかもしれないが、それ以下になると、年齢は障壁にならないのだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像