BMW X7 詳細データテスト 走りと快適性との好バランス M由来のV8 真正Mモデル並みの速さ

公開 : 2023.04.08 20:25  更新 : 2023.05.06 07:04

走り ★★★★★★★★☆☆

計測データを見れば、このX7のトップグレードは、単なるM的要素を持ったクルマではなく、正真正銘のMモデルなのではないかと思ってもしかたのないことだ。

満タンにドライバーが乗ると、2750kgを優に超えるが、0−97km/hは4.2秒、161km/hには10.4秒で到達する。この数字は、ほんの1世代前のM5に近い。まるでボンドカーのようなパフォーマンスだ。

Mハイパフォーマンスモデルかと思わせる加速性能と、クラス屈指の制動性能を備えるが、ブレーキのフィールに改善の余地が見つけられる。
Mハイパフォーマンスモデルかと思わせる加速性能と、クラス屈指の制動性能を備えるが、ブレーキのフィールに改善の余地が見つけられる。    MAX EDLESTON

中間加速もかなりのもの。キックダウンでの48−113km/hはたったの3.7秒、3速での48−80km/hは2秒ジャストという驚きのスコアで、さらに、5速での129−161km/hは3.9秒だ。

M由来のV8ツインターボは、160km/hに近づいても、かなりの空気抵抗をものともしない力強さを発揮する。もちろん、最近ではハイパフォーマンスSUVが、その巨体を忘れさせるパフォーマンスをみせることに慣れてきているし、客観的な数字はこれまでになかったようなものではない。

おそらく、このX7のスピード感を驚くべきものにしているのは、パフォーマンスそのものが型通りのキャラクターではないことだ。4.4Lのエンジンは、M60i専用のスポーツエキゾーストを備えながらも、トップエンドでの弾けるサウンドは感じられない。

うまくいっているのは、うれしいくらいシャープなスロットルレスポンスだが、これには新型の48Vマイルドハイブリッドシステムが寄与している部分もある。そして、炸裂するトルクがイージーに引き出せるのも理由だ。

この優れたスロットルレスポンスと楽な中間加速に、8気筒の柔和なサウンドが相まって、X7 M60iを心地よいクルマに仕上げている。さらに新型トランスミッションは、ナチュラルで控えめな制御が施され、パドルで特定のギアを選ぶ必要性を感じさせることが滅多にない。

このパワートレインはこの上ないほどなめらかで、ドライバーがその気にならない限りは存在感を示すことがないほどだ。

もしもこれ以上を望むなら、昔からBMWのアキレス腱となっているブレーキの強化だろうか。といっても、性能的に問題があるわけではない。113km/hからの制動に必要な距離は45.2mで、これはポルシェカイエン・ターボGTとさほど変わらない。

しかし、重量級モデルにあってほしい、安心感あるカッチリした食いつきはない。また、効き具合に一貫性が薄いので、ペダルでのコントロールがしづらい。ほかを台無しにするようなことではないのだが、この点ではカイエンに大きく後れをとっているのも事実だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事