BMW X7 詳細データテスト 走りと快適性との好バランス M由来のV8 真正Mモデル並みの速さ

公開 : 2023.04.08 20:25  更新 : 2023.05.06 07:04

内装 ★★★★★★★★★☆

X7に乗り込むと、徹底してスタンドアローンな高級SUVというより、肥大化してリフトアップされた5シリーズという印象のほうが強い。それは、レンジローバーベントレーベンテイガとは違って、ルーツがサルーン系なので、同じ要素が見られるのはしかたないことだ。

とはいえそれは悪い話ではない。現行5シリーズは、考え抜かれたエルゴノミクスとマテリアルのリッチさのみごとなバランスに、いつも衝撃を受ける。X7のエルゴノミクスも同様にすばらしく、質感はさらに引き上げられていて、商品力はさらに高まっている。

サルーン系との共通性を見出せるが、それはBMWらしいエルゴノミクスと高級感が備わっていることを意味する。ただし、昔ながらのバイザーがあるメーターのほうが気分はアガる。
サルーン系との共通性を見出せるが、それはBMWらしいエルゴノミクスと高級感が備わっていることを意味する。ただし、昔ながらのバイザーがあるメーターのほうが気分はアガる。    MAX EDLESTON

レザーはソフトで、興味を惹く操作系は、BMWが長年にわたって磨きをかけてきた実体コントロールデバイスに対抗しうるものだ。日常づかいするクルマとしてX7は、機能性とラグジュアリーさのまさしくスイートスポットを捉えている。ただし、10万8935ポンド(約1788万円)を支払うM60iのオーナーが、もうちょっと個性的なものを求めたとしても無理はない。

あまり好きになれなかったのは、メーターとセンター画面を一体化した曲面ディスプレイを用いる、第8世代のiドライブだ。公正にみれば、この大画面はX7に収まりのいいサイズで、より小型の4シリーズなどで感じる、圧倒的で避けがたいキャビンの支配感はない。

それでも、X7のサイズをもってしても、ちょっとばかり奇妙な存在感があり、レザーに包まれた昔ながらのメーターバイザーを恋しく思わせる。速くて本気のクルマのコクピットに包まれる安心感が、このデザインでは薄まってしまうのだ。控えめながら効果的なインテリア照明でさえ、それを埋め合わせることはできない。

キャパシティについては、やはり広大なものがある。6座のオプションはないが、7座のどこでも快適で、3列とも電動調整とヒーターを備えている。テールゲートは上下分割式で、上下とも電動式だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事