BMW X7 詳細データテスト 走りと快適性との好バランス M由来のV8 真正Mモデル並みの速さ

公開 : 2023.04.08 20:25  更新 : 2023.05.06 07:04

快適性/静粛性 ★★★★★★★★☆☆

7番台のBMWならばいずれも、官能的なレベルの洗練された走りが期待されるが、その点はこのX7も裏切らない。4.4LのV8を積み、サイドウォールの薄い22インチタイヤを履いていてさえ、M60iは静粛性も快適性も、全般にわたる落ち着きぶりも、有り余るほど持ち合わせている。

英国でも最悪の部類に入るような路面も、ほとんどものともせずにいなし、舗装がガタガタのB級道路でさえ、戸惑うようなヘッドトスはほとんど出ない。いったいどうやったら、その気になって走らせてもこれほど背の高いクルマの重心を低く抑えたように感じさせることができるのか。それでいて、目的地まで楽に走りたいときには、力を抜いて高級車らしさも発揮できるのはどういうわけだろうか。

レンジローバーなものキャビンの広さとかなり近い洗練性を持ち、しかも健全なV8のキャラクターやパフォーマンスを遺憾無く発揮してくれるクルマだ。
レンジローバーなものキャビンの広さとかなり近い洗練性を持ち、しかも健全なV8のキャラクターやパフォーマンスを遺憾無く発揮してくれるクルマだ。    MAX EDLESTON

その理由として、ひとつにはエアスプリングの賢明なチューニングもあるが、アクティブスタビライザーの貢献度が高い。その小さいながらも決定的な効果が、なににも増して乗り心地とハンドリングの二律背反を両立している要因だ。

プライマリーライドはどんなときもエクセレント。舗装の穴や路面の波打ちを完全位牌なしきれないことがあるにしても、玉にキズといった程度の些細な問題にすぎない。それより悪いのはバネ下重量だ。ホイールとタイヤのセットは、1本あたり32kgもあるようなのだ。こうしたところは、レンジローバーのほうがうまい。

残念ながら、教会のような静けさという点でも、レンジローバーには及ばない。テストしたのはスポーティではない直6ターボディーゼルだったが、113km/hでの室内騒音は61dBA。同じ速度で今回のX7は、65dBAを計測している。ほかの速度でも、2台の差は同じくらいだ。

とはいえ、それがBMWの評価を下げるようなことはない。このクルマのパフォーマンスと運動性を考えれば、上々の結果だと言える。レンジローバーが例外的によくできているだけなのだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 撮影

    マックス・エドレストン

    Max Edleston

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事