レクサスLSを一部改良

2014.10.16

レクサスは、LS600h、LS600hL、LS460ならびにLS460Lを一部改良し、10月16日より発売を開始した。

今回の一部改良では、G-Link機能のG-securityを強化し、万一の場合に遠隔操作でエンジンの再始動とステアリング・ロックの解除を禁止することのできるリモートイモビライザーと、携帯電話からドア・ロックやパワー・ウインドゥのクローズ、ハザード消灯などの操作が行えるリモート操作を全車標準装備とした。さらに専用バッテリーを備えたセルフ・パワー・サイレンを新設定。万一、車両のバッテリーを取り外された場合でも警報を発し、盗難防止機能を持つ。

ナビゲーション・システムでは、microSDカードを採用したことにより、スピーディな情報更新や、パソコンやオーディオ機器で保存した音楽データの再生が可能となった。また、G-Link新機能として、音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」やアプリケーションソフトを追加できるLEXUS Apps(レクサスアップス)を搭載した。

このほか、室内ではドーム・ランプ(フロント/リア)にLEDを採用。さらに、“F SPORT”にもパワー・トランク・リッドを標準装備。ハイブリッドモデルのLS600hとLS600hLには、パランフラット・タイヤを新設定している。

価格は、8,548,000円から13,485,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事