ドライバーズカー選手権2014 / スーパーカー部門

公開 : 2014.11.07 23:58  更新 : 2017.05.29 19:50

このカテゴリーに参戦する3台、つまり胸が痛むほどに素晴らしいフェラーリ458スペチアーレと、いかにもパワフルなマクラーレン650S、そして去年大差をつけて優勝に輝いたポルシェ911GT3との組み合わせは、驚くほど早く決まった。

動力性能がトップレベルにあるということは言うまでもなく三者共通。現実世界において、お金で買えるもっとも高性能なクルマとも言える。カッスル・クームのようなサーキット周辺では、彼らの兄弟のハイパーカーよりもすこぶる接しやすく、計測したタイムも兄弟に引けをとらない。

458スペチアーレがベストラップを更新した時も、まだまだ余裕があったほどだ。ドライバーの求めるもの以上に、たくさんのことを(いつも過剰なくらいに)与えてくれる類稀なスーパーカーである。

458がメイン・ストレートを走り抜ければ、ドキドキするようなエグゾーストノートがあたりにこだまする。ロードカーの発する音量にレギュレーションがあるとすればパスできるかどうかは怪しいが、少なくともこのクルマがピットを通り過ぎるたびにわれわれをシビレさせてくれることだけは間違いない。ピットで忙しなく準備にかかっていたクルーも458スペチアーレが通りすぎる時のみ作業の手を止め、振り返って見つめたあとに、必ず笑顔になっていた。

キャビンに身をうずめ、スウェード素材で巻かれたステアリングを握れば、このクルマが ’特別’ であることはすぐにわかる。意図的にインテリアは簡素になっており、足元にはアルミ剥き出しのパネルが敷かれる。いろいろなものが省かれているが、ドライビングにスリルを加える要素はしっかりと確保されている。あとは低く腰を据えて、メーターパネルの大部分を占領する黄色いレヴカウンターを目の前に、ステアリングまで腕を伸ばし、アクセルペダルに足をそっと乗せるだけだ。

いよいよ発進。458スペチアーレは起伏の激しいピットレーンでは上下に跳ねる傾向があるが、相応のスピードに達すれば路面と密接に関わりあいながら落ち着きを取り戻す。全般的にはこちら方の落ち着いたフィールに徹する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事