徹底解説

2017.12.14

新型スズキ・スペーシア/同カスタム 燃費/価格/内装 これで分かる

編集部より

新型スズキ・スペーシア/同カスタムが発表されました。燃費/価格/内装を徹底解説!軽初の「後退時ブレーキサポート」も。 発売日12/14です。 

text:Yasuhiro Ohto(大音安弘)

もくじ

プロローグ
フルモデルチェンジ 2代目へ
エクステリア
新型画像 カスタムは先代Z路線
インテリア
後席ドア スライド量50mm拡大
シャシー
HEARTECT(ハーテクト採用) タイヤサイズは?
パワートレイン
全車マイルド・ハイブリッド 燃費は?
装備
軽初!後退時ブレーキサポート Fガラス投影式HUD
グレードと価格
グレードと価格:スペーシア
グレードと価格:スペーシア・カスタム
代表モデルスペック
ハイブリッドG/XSターボを比較

プロローグ

フルモデルチェンジ 2代目へ

スズキ・スペーシア/スペーシア・カスタム新型

スズキは、2017年10月25日より開幕した東京モーターショー2017で、軽ハイトワゴン「スペーシア・コンセプト」を世界初公開した。コンセプトと銘を打ちながらも、標準車とカスタムの両モデルを揃え、細部までしっかりと作り込まれていたことから、早々のデビューが予測されたが、あれから約2カ月となる12月14日、そのままの形で2代目スペーシアとして正式に発表された。現行型のデビューが2013年であることを踏まえると、やや早いタイミングでフルモデルチェンジを迎えたといえる。

前身となる2008年に登場した「パレット」と現行型「スペーシア」の売りであった両側スライドドアを備えた使い勝手の良い軽ハイトワゴンという基本を受け継ぎながらも、新世代プラットフォームの採用や先進の安全機能の充実化に加え、より楽しいクルマであることを目指すなど、優れた道具ではなく、共に楽しい時間を過ごす相棒へと磨き上げられた新型スペーシアの見所に迫ってみたい。

next page新型画像 カスタムは先代Z路線

すべての画像をみる

 

人気コンテンツ