スマート・フォーフォー1.0

スマートはメルセデスのエッセンスを小型シティカーにも反映できているのだろうか?というのがこのページの主題である。

■どんなクルマ?

生まれ変わったスマートはルノー・トゥインゴの姉妹車という立ち位置。プラットフォームやギアボックスを共有し、4座のシートやリア・エンジン、リア・ドライブを採用する点も共通だ。

中には言われるまで姉妹車ということに気付かなかった向きも多いかもしれないが、仮にそうであっても不思議ではない。というのもこの2台、意図的に明確な棲み分けがなされているからだ。

£2,125(39万円)の価格差もその一環だ。装備も同じ文法を採り、フォーフォーにはオート・エアコン、クルーズ・コントロール、アロイ・ホイールが標準である一方、トゥインゴはこれよりも簡素になる。

エアバッグの搭載箇所もトゥインゴが4箇所であるのに対し、スマートは5箇所。またスマートには、ESPセンサーが横風を検知し、状況によって片輪に制動力を与えるクロスウインド・アシストも装着される。

エクステリアはもちろんのこと、インテリアの各所も高級感を打ち出すために手が加わる。例えばセンター・コンソール上のディスプレイは、メルセデス・ベンツに見られる高級感が付与されている。

またサスペンションやステアリング、エンジンの設定もフォーフォー専用となっている。

 
最新試乗記