「たのしいクルマ」の定義とは? 必須条件と、その模範解答

2017.09.10

パッケージングという武器

マニュアルシフトは最高のフィーリングで、エンジンは非常に良いサウンドを聴かせてくれる。

ステアリングホイールだけ見ても、サイズは十分な大きさがあり操舵は比較的穏やかで、路面の感触を確かに伝えられるようにステアリングホイールの表皮の質感までエンジニアが考慮している。

そしてシャシーが素晴らしい。

セオリーではフロントエンジンの場合、トランスアスクルとすることで若干リア寄りの重心となり、最良の重量バランスを得ることができるとされている。しかし、重量物がクルマの中心部からは離れた位置に備わるため俊敏は向上するが、ミッドシップやリアエンジンのクルマほどのステアリングレスポンスやフィーリングとまでは至らない。

事実、ケイマンほどバランスの取れたクルマはほかにはないだろう。ミッドシップのクルマは慣性モーメントが非常に低く挙動は若干トリッキーではあるものの、ケイマンの場合は限界付近での挙動が掴みやすく、たとえ滑りだしたとしても多くのFRのスポーツカーよりもアジャストしやすい。

ケイマンで唯一の弱点といえば、リアシートを持たないためにひとによっては生活に合わない可能性がある、という点だけだと思う。

しかし、それを許容できる限り、ケイマンは最もファントゥドライブなクルマだとわたしは考えている。

ほかにも4台、同じようなクルマが思い浮かぶ。

 
最新試乗記