海外試乗

2017.11.16

新型ポルシェ・カイエン・ターボ試乗記 マカンある今、立ち位置に変化

ポルシェ・カイエン・ターボ

テスト日 : 2017年10月26日

価格 : £99,291(1478万円)

文・アンドリュー・フランケル 

[編集部より]

新型ポルシェ・カイエン・ターボの試乗記です。マカンがある今、これまでとは異なった使命を担っています。ポルシェにとっては、たいへんむずかしい課題でしょう。

もくじ

どんなクルマ?
マカンある今、カイエンの使命とは
4ℓツインターボV8 数値は強烈
速さだけでなく実用性も保った

どんな感じ?
エンジン 先代オーナーには違和感?
4輪それぞれの動きがアクティブに
ターボの行き過ぎ感は、問題となるか?

「買い」か?
旧来の「ポルシェ信者」にはウケないが…

スペック
ポルシェ・カイエン・ターボのスペック

どんなクルマ?

マカンある今、カイエンの使命とは

通常、モデルチェンジしたクルマをみて、そのメーカーが描く将来の姿を憶測することは難しくない。

「信念をつらぬき、より良いものを」というのが、たいがいのメーカーの考えであろうが、刷新するクルマは、よりスポーティであれとか、より拡大されたキャビンを持つべきであれとか、よりラグジュアリー性に長けるべきであれとか、いろいろな注文が付くものである。

しかし、固有のクルマのモデルチェンジに、そのブランド自身の方向性が示唆されることは、稀なことである。

新型ポルシェ・カイエンとは、そういうクルマであり、最上級車であるターボ以外にそのことを明確に示唆するクルマは存在しない。

カイエンは、他のすべてのポルシェの販売台数を越える数を売り、世界で最も収益性の高い自動車会社へ変え、同時に2002年、ポルシェ信仰者を驚愕させたモデルの3代目である。

しかし、マカン導入以後に初めてモデルチェンジを受けたこのカイエンは、ベスト・セラーとはならない。

なぜなら過去にカイエンでしかできなかった事の多くを、マカンはこなしてしまう。時は流れ、カイエンにも新しい役割が与えることが必要なのである。そのレンジのフラッグシップがこの新型カイエン・ターボである。

このクルマがどうであるかの前に、少し時間を割いて、このクルマがなんであるかを説明したい。

next page4ℓツインターボV8 数値は強烈

すべての画像をみる

 
最新初試乗