新型ポルシェ・カイエン・ターボ試乗記 マカンある今、立ち位置に変化

公開 : 2017.11.16 12:10  更新 : 2017.11.16 12:43

どんな感じ?

エンジン 先代オーナーには違和感?

ドアを開けると、そこには限りなくクリーンな運転環境が用意されている。旧モデルに存在していたほとんどのスイッチ類は、非使用時には姿を隠す、ジェット・ブラックのタッチ・コントロール・パネルに統合されている。それらは、情報を管理する大きなTFTスクリーンに巧みに統合されている。

恐ろしく複雑な仕組みを介して、多彩な情報を提供するクルマにありがちな事であるが、その操作を習得することはおろか、欲しい情報をみつけるまでに大変な時間を要する。頻繁に使う機能は、ボイス・コマンドで操作した方が容易であろう。

インテリアのパッケージは旧モデルと基本的には同じである。リア・エンドに向かって下降するルーフラインは、さらにきつくなっているが、シートのポジションを若干低くして、ヘッドルームへの影響を回避している。

一方、レッグ・ルームに関しては、マカンと比べて驚くほど広いわけではない。十分なトランク・スペースは、旧モデルよりも広くなった。

さて、旧モデルのカイエン・ターボのオーナーなら、4.8ℓエンジンは、市販車の過給エンジンで最もキャラクターのあるエンジンのひとつであることを知っているはずである。

しかし新型エンジンは、そうではない。

明らかに静かであり、それは鞭を入れた時でも同じである。エンジン・サウンドは、静かで躾が行き通っている。そうした躾の行き届いたマナーを好むドライバーもいると思うが、旧モデルの派手なサウンドを惜しむ声も聞かれるだろう。

しかし、パフォーマンスに関して意見が分れることはないはずだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×