新型ポルシェ・カイエン・ターボ試乗記 マカンある今、立ち位置に変化

公開 : 2017.11.16 12:10  更新 : 2017.11.16 12:43

ターボの行き過ぎ感は、問題となるか?

このクルマのドライバーは、自身のドライビングへの介入によるもの以上の結果を突きつけられ、驚きを隠せないはずである。

旧モデルを知っているドライバーであれば、このクルマのように背が高く重いクルマのステアリングが持ち合わせる操舵感への先入観を持っているはずであるが、それを捨てる必要があるだろう。

旧モデルのカイエンでは、いつでもドライバーの存在が意識されてきたが、新型になって新たに加わった能力の代償として、それを定量化することは簡単ではない。切り捨てることができない何か重要なことが失われてしまった。大雑把にいうと、新型カイエンは、以前よりもポルシェっぽくないのである。

おもしろいことに、金属スプリングを備える、3ℓガソリン・エンジン搭載の標準モデルの試作車のほうが段違いにもっとドライバーの介入が感じられ、クルマとの対話が存在した。

さて、新型ターボの行き過ぎ感は、問題となるか?

ほとんどのドライバーにとってそれはないだろう。多くのドライバーにとって、そんなことよりも重要なことは、機能の拡大、質感の向上したインテリア、傑出した洗練性であり、実際、ポルシェにみえるし、ポルシェのような乗り味であることには変わりない。

ポルシェっぽくないとはいえ、多くのドライバーがそれを意識することはないだろう。

価格は相当引き上げられるだろうが、旧モデルのターボSと同等のパフォーマンスを備え(局地的には凌駕しているだろう)、スタイルと機能を刷新し向上させたとなれば、その正当性にもうなずける。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×