新型ポルシェ・カイエン・ターボ試乗記 マカンある今、立ち位置に変化

公開 : 2017.11.16 12:10  更新 : 2017.11.16 12:43

「買い」か?

旧来の「ポルシェ信者」にはウケないが…

この新型モデルが示唆する、ポルシェ・ブランドとは何かという点であるが、わたしは、新型パナメーラが示した路線をさらに促進していると考えている。

つまりそれは、ポルシェは同社の5ドア車に関して、スポーティさに加えて、ラグジュアリーな雰囲気を持ったクルマとして認識させたいということである。

カイエンに関しては、マカンの存在を考えると、必然的に上級車種への移行とも重なる。今まで以上に、カイエンというクルマ、特にターボ・モデルは、ポルシェというブランドを意識した購買層を意識して造られている。

しかし、その意識とは、伝統的なそれとは異なるものである。それらの顧客はポルシェに乗っているという認識を欲しているが、そのクルマは必ずしもポルシェのような走りをしなくてもよいということである。

であるから、エンジンは比較に成らないほど静かであり、乗り心地に配慮し、ハンドリングは向上しているものの、そこにはドライバーの介入はない。

これはデリケートなトレード・オフである。

わたしは、新型が若干ソフトになってしまった事を嘆き悲しむかもしれない。しかし、SUVという世界を考えた時、ドライビングの楽しさよりも、その能力がより注視されるべきであろう。

個々のポイントをみてみれば、このカイエン・ターボは、わたしが過去に乗ったクルマの中で、最も能力の高いフルサイズSUVなのである。

これらのクルマが収益に貢献し続ける限り、ポルシェは、それを世界レベルのドライビング・マシンの開発つぎ込むことができるのであるから、わたし的には文句のひとつもない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×