新型ポルシェ・カイエン・ターボ試乗記 マカンある今、立ち位置に変化

公開 : 2017.11.16 12:10  更新 : 2017.11.16 12:43

4ℓツインターボV8 数値は強烈

カイエンは、先に導入されたアウディQ7ベントレーベンテイガに継ぐ、フォルクスワーゲン・グループのMLBハイブリッド・プラットフォームに展開される3番目のフルサイズSUVとなる。

しかし、他の兄弟車と比べてホイールベースが100mm短い、ショート・ホイールベース・フォームでは初めての登用となる。旧モデルと比べて、新型カイエンは、若干長く、幅広く、車高が低い。各モデルの比較で、旧モデルに比べて平均60kgの軽量化を図ったが、2195kgの重量は制御するに軽くはない。

旧モデルのカイエン・ターボS(現在入手できる唯一の旧モデル)に搭載されていた、旧式の4.8ℓエンジンに換えて、新モデルには、新開発の4ℓツインターボV8エンジンが搭載される。

新型エンジンは、549psのパワーと、78.3kg-mのトルクを有する。旧モデルとはいえ、カイエン・ターボSのそれから、20psと3.0kg-mしか劣らないそのスペックは強烈である。新型Sの出力は、608psの水準まで高められるだろう。

さらに、新型カイエン・ターボは、旧ターボSよりも0.1秒速く100km/hへ到達し、最高速でも旧ターボSを凌駕する。新型カイエン・ターボは、旧ターボSよりも£21,500(322万円)安いのであるから、これは悪くないパフォーマンスである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

        ×