[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

英国試乗トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMN ホットハッチ名乗れる高評価

2018.03.16

100字サマリー

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)GRMNの英国試乗記です。「トヨタとしては意外」と表現する英国編集部ですが、実際に乗ると、内装の不満をいとも簡単に打ち消すことができる走りに感心しています。「中毒性があり、突き抜けた存在」という褒め言葉も。

もくじ

どんなクルマ?
トヨタ「意外な」?ホットハッチ

どんな感じ?
室内に不満点あり ただし走りがカバー
あくまで「硬派」 走り特化型

「買い」か?
高くとも「買い」 中毒性あり

スペック
トヨタ・ヤリスGRMNのスペック

どんなクルマ?

トヨタ「意外な」?ホットハッチ

2018年、われわれはジャガーの電気自動車、24万ポンド(3561万円)のレンジローバー・クーペやフェラーリ製SUVなど、様々な「意外」なクルマを目の当たりにした。

しかし、トヨタの超小型車が212psのエンジンを搭載し、トルセン式LSDやザックス製ダンパーを装備することほど驚くことはないだろう。

これらの装備はフルサイズのホットハッチであれば想定内だが、標準仕様で1万3000ポンド(193万円)のクルマに付いているようなものではない。

このトヨタ・ヤリスGRMN(Gazoo Rascing Meisters of Nürburgring)というクルマはラリーで優勝したヤリスWRCを開発したトヨタGazoo Racingの手によるものだ。

欧州向けのGRMNシリーズの第1弾であり、2万6295ポンド(390万円)という高価格にも関わらず英国向けの80台はほぼ全て完売という。

われわれは海外ですでにこのクルマに試乗しているが、このスーパージャー付き1.8ℓの2ZR-FEエンジンは病み付きになるキャラクターの持ち主だ。このエンジンはトヨタのディーサイド工場で組み立てられ、ロータスによって手を加えられた後にヴァランシエンヌで車体に搭載されている。

今回、初めて英国の公道でテストすることになった。

 
最新試乗記