海外試乗

2018.09.13

長期テスト VWゴルフVII GTI(4) 雪で立ち往生/柔軟なキャラ

フォルクスワーゲン・ゴルフVII GTI 3ドア

編集部より

着実に距離を伸ばしている、AUTOCARの長期テスト車。フォルクスワーゲン・ゴルフVII GTIは、積算9698kmに達しました。雪で立ち往生するも、エンジンやサスペンション、取り回しなど、とてもフレキシブルであることがさらにわかりました。

もくじ

積算9698km 雪で立ち往生
フレキシブルなエンジン
柔軟なサスペンションと取り回しの良さ
テスト車について
テストの記録

積算9698km 雪で立ち往生

雪が降った。これはお世辞にも楽しい体験ではなかった。

わたしはベルギー・ブルージュへの旅を控えており、英国を襲った大寒波の影響が残るとある土曜日に、8時50分ユーロトンネル着の予定でゴルフGTIに乗り込んだ。

その週の初めの時点で、ゴルフGTIはこのようなコンディションが得意ではないとわかっていた。自宅アパートの地下駐車場から出るとき、出口の1mほど前で滑って立ち往生してしまったのだ。

さらに3回ほど少しずつやり方を変えて脱出を試みたが、いかんせんタイヤのグリップが足りず、いずれも成功したかった。

脱出できたのは夕方になってからで、路面が砂でざらつくようになってからだ。同居人の2014年式ミニ・クーパーは地上に停めていたため、その日はこれを借りることにした。

ちなみにGTIは、曲がりきれなかった出口のコーナー付近に24時間放置することになってしまった。

next pageフレキシブルなエンジン

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ