新型プジョー508 SW試乗 スタイル自慢のステーションワゴン 走りも好印象

2018.11.28


ATのセッティングに “ひとこと”

このボディとシャシー、エンジンのパッケージングは、かなり訴求力のあるものだと感じるが、気になる部分がないわけではない。8速ATはパドル操作での変速も受け入れてくれるが、スポーツモードであっても、AT自体のプログラムでの変速に比較的すぐに戻ってしまう。

マニュアルモードのセッティングもあるが、有効になるのは特定のドライビングモードのみ。もしトランスミッションを自主的にコントロールしたい場合は、自ずとパワートレインのレスポンスが向上し、サスペンションも引き締まった状態にならざるを得ない。

プジョー製Dセグメント・ステーションワゴンにトレーラーなどを繋いで走るというユーザーも、欧州の場合はかなりの数がいると思う。このパフォーマンスが向上するマニュアルモードは、牽引した状態での下り坂の走行時などで、スピードをコントロールする上でも有用かもしれない。

508のサルーンを英国で試乗した際の印象から、508 SWの乗り心地も、路面状況に伴う乗り心地、セカンダリーライドで落ち着きがないのではと心配していた。しかし、ポルトガルの滑らかな路面のおかげか、細かな振動はさほど気になるレベルではなかった。英国で試乗したクルマよりもワンサイズ小さい、18インチホイールを履いていたことも、影響しているだろう。

 
最新試乗記

人気記事