BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2018.12.29

ロードテスト フォード・マスタング・ブリット ★★★★★★★★☆☆

フォード・マスタング・ブリット

テスト日 : 2018年3月28日

価格 : 価格:4万8145ポンド(698万円)

編集部より

フォード・マスタングが派手なカーチェイスを披露した映画「ブリット」の公開から50年となる2018年。マスタングのマイナーチェンジに合わせて、フォードがその節目を祝うためにマスタング・ブリットを英国でリリースしました。当時の名優を超えることはできるのでしょうか。

もくじ

はじめに
意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆
内装 ★★★★★★★☆☆☆
走り ★★★★★★★★☆☆
使い勝手 ★★★★★★★☆☆☆
乗り味 ★★★★★★★★☆☆
購入と維持 ★★★★★★★☆☆☆
スペック
結論 ★★★★★★★☆☆☆

はじめに

2015年に6代目マスタングがリリースされて3年が経過するが、今も欧州での人気は衰えを知らない。アウディTTは7万5000台を、ポルシェ911は5万台を、マツダMX5(ロードスター)は3万5000台を欧州で販売した同じ期間に、フォードは6代目マスタングを4万台欧州へ輸出している。フォードのスポーツカーのアイコンでもあるマスタングの販売数として、悪くない量だといえる。

そして今年、欧州での販売が始まって以来、初めてのフェイスリフトを受け、マスタングの勢いは増すばかりといったところ。スタイリングは明らかにシャープさを増し、インテリアもアップグレード。エンジンやサスペンションにも変更を受け、走行パフォーマンスも向上している。その他、安全性と利便性を高める変更がいくつも追加されている。

また、欧州での販売に影響も少なくないであろう、新しいモデルバリエーションも追加された。それが今回の主役、特別仕様となるマスタング・ブリット。以前にも、2001年と2008年にもマスタング・ブリットは存在していた。そもそもは、もはやマスタング・ファンにとって伝説的な映画ともいえる、ピーター・イェーツ監督の映画「ブリット」に登場した、主演のティーヴ・マックィーンにも負けない存在感を示したクルマが、ダークグリーンのマスタングだったのだ。

しかし今回のブリットは、映画ブリッドの誕生から50年を祝う特別なクルマなだけでなく、従来になく特別なクルマだと、フォードは説明する。また、ブリッド仕様のマスタングが欧州に上陸するのは今回が初めてでもある。

このクルマがどれほどの意味を持っているのか、しっかり検証してみよう。

 

意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 使い勝手 ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

 
最新初試乗

人気コンテンツ