[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

登場 ポルシェ718ケイマンT/718ボクスターT 2Lフラット4搭載 走りと快適性追求

2018.12.19

100字サマリー

ポルシェは「718ケイマンT」ならびに「718ボクスターT」を発表しました。2.0ℓ水平対向4気筒ターボ(300ps)を搭載し、6速マニュアルを組み合わせます。オプションでPDKも選択可。「T」は「ツーリング」の頭文字です。走りと快適性の両立を狙います。

もくじ

「T」は「ツーリング」の頭文字
走りに関係する「718 T」の変更点
視覚的な「718 T」モデルの変更点

「T」は「ツーリング」の頭文字

ポルシェは「718ケイマンT」ならびに「718ボクスターT」を発表した。

搭載するエンジンは2.0ℓ水平対向4気筒ターボ(300ps)で、6速マニュアルを組み合わせる。オプションでPDKも選択可。

最大トルクは28.6kg-mで、0-100km/hタイムは5.1秒。最高速は275km/hに達する。車重は1350kg。「718ケイマンS」「718ボクスターS」に比べて車高は20mm下がる。

「T」は「ツーリング」の頭文字であるとポルシェは明言しており、「ダイナミックなパフォーマンス」を求めるクルマに、この「T」をつけているのだという。

では、何をもって「ダイナミックなパフォーマンス」モデルなのか。具体的な変更点とともに探っていこう。

 
最新海外ニュース