BENTLEY 100th Anniv.[オリジナル記事を見る]AUTOCARのロゴも100年前に

海外試乗

2019.05.16

フェラーリ・モンディアル 2+2にV8エンジン 現代にはない上品さ

フェラーリ・モンディアル

編集部より

現役の頃は、決して高い評価を得ることはなかったフェラーリ・モンディアル。しかし、このミドシップに2+2のレイアウトを持つクーペは、いま改めて見ると、跳ね馬のエンブレムが良く似合う1台だといえるでしょう。

もくじ

実は6000台以上売れた人気モデル
北米を意識したV8エンジン
フェラーリ濃度は充分に濃い
徐々に進化し最終型では304psを獲得
実用性にも優れたモンディアル
オープンゲートのMTを操る喜び
攻撃的なモダン・フェラーリにはない上品さ
番外編:モンディアルのある暮らし
最も過小評価されてきた跳ね馬
理解不足でのメンテナンスには警戒を

実は6000台以上売れた人気モデル

フェラーリ・モンディアルは、新車当時あらゆる面でエンスージャストのお眼鏡にかなうことはなかった。際立ったスピードも持たず、珍しいともいえず、充分に美しいともいえなかった。しかも座席数は多いのに、エンジンのシリンダー数は少ない。フェラーリのヒエラルキーでいえば一番下に属する、お手頃なモデルではあったが、当時は自分の愛車として欲しいとは思えないクルマだった。

裕福な大人たちは黄色い跳ね馬のエンブレムに引き寄せられる現在でも、モンディアルの中古車は依然として安いまま。最終モデルのモンディアルTなら6万ポンド(828万円)を超えるものもあるが、標準グレードのモンディアル8なら、2万ポンド(276万円)中盤から購入できる。遊び心を備えた4シーターのミドシップなら、かなり低価格でフェラーリのオーナーになることができるのだ。どうしてもフェラーリに拘るのならば。

しかし良く観察すれば、しっかり熟考されたフェラーリ製のグランドツアラーだということがわかる。パッケージングは巧みで、外から眺めている限り、小柄でエキゾチックなデザインを持つミドシップのクーペボディに、2+2のシートレイアウトが自然に収まっている。

12年間のモデルライフの間で製造されたのは6000台以上で、少数生産が当然だったイタリアのスーパーカーとしては、販売面では成功したモデルだったともいえる。恐らくマラネッロとしては初めて、ユーザーの期待にこたえられる製造品質を実現し、信頼性と実用性を高めたクルマだった。急激に品質や信頼性が高まっていたドイツ勢と、向き合う必要があったのだ。

next page北米を意識したV8エンジン

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ