ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

試乗 トヨタGRスープラ 海外の意見、及第点だがフィールは要改善

2019.05.16

100字サマリー

トヨタがBMWとの共同開発により発売した新型スープラに英国で試乗しました。どんな速度域でも乗りやすく、あらゆる点でまずまずの仕上がりになっています。しかし、シャシーのセッティングなど官能性の部分や、搭載されるトルコンATにも不満があがっています。

もくじ

どんなクルマ?
Z4とは異なる味付け

どんな感じ?
どんな速度でも乗りやすい
シャシーセッティングに不満

「買い」か?
今後の進化に期待

スペック
トヨタGRスープラ3.0Lプロのスペック

どんなクルマ?

Z4とは異なる味付け

トヨタ・スープラは存在自体が特異的だ。トヨタ単独ではなく、BMW Z4との共同で開発されたモデルだ。ポルシェ・ケイマンに対抗できるクルマを作りたいトヨタと、より商業主義的かつ多用途なGTを作りたいBMWの間で妥協があったのではないかと心配するかもしれない。しかし、プラットフォーム、パワートレイン、ホイールベースなどの基本的な事項の他は独立したプロジェクトとして仕立てられているのだ。

多田哲也チーフエンジニアはZ4を一度しか運転したことがなく、サスペンション、ステアリング、電子制御デフなどのセッティングがどう違っているかを知らないという。「もしスープラを他のクルマと比較するのであれば、ケイマンと比べてみてください」と彼は語った。

340psを発揮するBMW製直列6気筒ツインスクロールターボに火を入れる前から、非常に興味深いクルマだ。トヨタのガズー・レーシング部門が独自に開発した初めての車であり、それゆえトヨタGRスープラと名付けられていることも覚えておこう。見た目はカッコ良く、BMWとトヨタの混血ともいえるインテリアも良くまとまっている。BMWの明快なiドライブに文句をつけるひとは多くはないだろうが、BMWのスイッチ類はやや不釣り合いに思えた。

ケイマンのライバルと聞いて思い浮かぶ、マニュアルもしくはデュアルクラッチ・ギアボックスのふたつは残念ながら用意されていない。その代わり、ZF製の汎用型「8HP51」が搭載され、マルチリンク式リアアクスルを通じて後輪を駆動する。ドライビングポジションは素晴らしく、グラスハウスは小さいものの2ドアクーペとしては周囲の視界も良好だ。

 
最新試乗記