トヨタ、新型GRスープラが好調 「RZ」初年度予定台数、達する店舗も

2019.03.19

100字サマリー

トヨタから、GRスープラの予約受注に関してコメントが発表されました。「お届けするまでしばしお時間を頂戴します」という好調ぶりです。

「お届けするまでしばしお時間を頂戴します」

2019年のデトロイト・ショーにおいてワールドプレミアされたGR Supra(GRスープラ)は、今春日本での発売を予定している。

トヨタは発売に先駆け、3月の週末に全国のGRガレージにおいて、GRスープラの特別展示を開催。多くのファンが来場した。また、3月上旬より全国のトヨタ車両販売店で注文予約を開始しているが、想定をはるかに上回る予約を受注。

特にRZグレード(上級グレード)については、半数を超える販売店で、初年度分に予定していた注文予約台数に達するほど、好評だという。

トヨタはこれを受けて、「これもひとえに、スープラの復活を待ち望んで下さっていた、多くのファンの皆さまのご愛顧の賜物であるとTOYOTA GAZOO Racing一同その大きな反響に心動かされました。改めまして心より感謝申し上げます」というコメントを発表。

「GRスープラは、TOYOTA GAZOO Racingの知見やノウハウが詰まった、お客様に心から走りを楽しんでいただけるクルマを目指して、これまで開発を進めてまいりました。グローバルモデルとして海外の工場で生産していることもあり、お届けするまでしばしお時間を頂戴しますが、何卒ご理解賜りたくよろしくお願い申し上げます」

なお、今後の状況については、発売のタイミングを目処に、案内するとしている。

 
最新海外ニュース