プラグインハイブリッドSUV対決 アウディQ5 vs ボルボXC60 勝因は高い完成度 前編

2019.11.24

サマリー

アウディからQ5のPHEVモデルが登場したことを受け、ボルボXC60とのプレミアムなプラグインハイブリッドSUV対決に連れ出しました。同じような顧客層に向けて生み出された2台ですが、その中味には明確な違いがあるようです。番外編ではカンパニーカーの節税対策をご紹介します。

もくじ

最新のトレンド 事態は複雑
燃費とCO2排出量 大きな魅力
ストレートでのパフォーマンス 見事な加速
ハイブリッドモード 違いは明確

最新のトレンド 事態は複雑

プラグインハイブリッドSUV以上に2019年を象徴するモデルなどあるだろうか?

例えいまのところはコンセプトレベルに留まっていたとしても、少なくともプラグインハイブリッドSUVが、このバラエティー豊かな自動車世界に拡がりつつある最新のトレンドであることに間違いはない。

一般家庭のコンセントで充電を行う場合、両者とも6時間でフル充電が完了する。夜間に充電を行うには十分な性能だが、専用充電器を使えばさらなる急速充電も可能だ。
一般家庭のコンセントで充電を行う場合、両者とも6時間でフル充電が完了する。夜間に充電を行うには十分な性能だが、専用充電器を使えばさらなる急速充電も可能だ。

そして、ターボブルーに替わって登場したアウディQ5 55 TFSIeはクラス最新の1台だ。

少ないCO2排出量が税金にうるさいカンパニーカーの運行責任者を魅了する一方、SUV市場全般を牽引するファミリーモデルを求めるドライバーには、スペース効率の高いボディスタイルが魅力となるに違いない。

だが、事態はそれほど単純ではなさそうだ。

確かにCO2排出量の少なさとスペース効率の高さが、三菱アウトランダーPHEVのようなモデルが大ヒットしている要因かも知れない。

だが、2025年までに20台以上が登場予定の電動アウディの1台として生み出されたこの新型Q5は、はるかに幅広い顧客層を満足させなければならないのだ。

もちろん、アウディブランドから5万4900ポンド(768万円)のプライスタグを掲げて登場したこのクルマにはそれなりの豪華さも期待されている。

だが、2.0Lの排気量を持つEA888型エンジンと電気モーターの組み合わせが発揮する367psのパワーと51.0kg-mのトルクも見過ごすわけにはいかない。

 
最新試乗記

人気記事