ロードテスト キア・Xシード ★★★★★★★☆☆☆

2019.11.30

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

インフォテインメント

上位グレードの3とファーストエディションは、10.25インチのタッチ式ディスプレイを備えるキアの最新世代インフォテインメントシステムを標準装備。下位グレードは、これが既存の8インチ仕様となる。

新たな画面を得たものの、これまでのキア車を知っていれば、ソフトウェア自体の使い方はすぐにわかるはずだ。グラフィックはややシャープになったものの、おおむね従来通りで、OSもこれまでと同じく直感的かつ使いやすいものだ。

上位グレードは10.25インチ、下位グレードはインチのディスプレイを備える。
上位グレードは10.25インチ、下位グレードはインチのディスプレイを備える。    LUC LACEY

全体的に、動きは滑らかでシームレス。だが、エンジン始動時の起動には、少し待たされる。

標準装備の機能は、ナビゲーション、Apple CarPlayとAndroid Autoへの対応、デジタルラジオ、Bluetooth接続機能と充実。ファーストエディションでは、JBLサウンドシステムと、12.3インチの新型デジタルメーターが追加される。

燈火類

オートLEDヘッドライトは、上々の機能ぶり。ビームの強さと広がりはともに、ロービームでもかなりのもの。自動ハイビームの動きもなかなかだ。

ステアリングとペダル

ブレーキペダルは、かなり中央寄りに取り付けられているように感じられる。ステアリングホイールはわずかにオフセットしているが、快適な操作を決定的に損なうほどではない。

 
最新試乗記

人気記事