【美しい姿に自然吸気のV8】レクサスLC 500リミテッド・エディションへ英国試乗

2020.06.24

サマリー

レクサスが誇るスポーティ・グランドツアラーのLC500に、特別なスタイリングパッケージが登場。貴重な存在となった自然吸気V8エンジンを搭載し、優雅な雰囲気を漂わせる2ドアクーペを、英国の一般道で評価しました。

もくじ

英国でも貴重な存在の自然吸気V8エンジン
魅惑的なエンジンサウンドを楽しめる
機敏でバランスの取れたスポーツカー
躍動的なボディにカリスマ的なV8エンジン
レクサスLC 500リミテッド・エディション(英国仕様)のスペック

英国でも貴重な存在の自然吸気V8エンジン

text:Tom Morgan(トム・モーガン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
レクサスのエンブレムを掲げる中で、最もエキサイティングなモデルといえば、LC500だろう。現在では珍しい、自然吸気のV8エンジンを搭載する。英国では、NAのV8を選べるモデルとして、わずか2モデルの中の1つだ。

自然吸気のV型10気筒エンジンを搭載した、LFAという存在もあった。生産が終了したのは2012年だから、だいぶ時間が経ってしまった。

レクサスLC 500リミテッド・エディション(英国仕様)
レクサスLC 500リミテッド・エディション(英国仕様)

今回試乗するのは、LC500の限定仕様となるリミテッド・エディション。専用色となるダークグリーンのボディカラーに、ツートーンで仕上げられた21インチのアルミホイールを装備。通常のLC500以上に、視線が奪われるスタイリングにまとめられている。

インテリアは、レザーとアルカンターラを全面的に使用。フラッグシップ・クーペとして、ラグジュアリーさも増している。

シャシーとパワートレインは、基本的に標準のLC500から変更はない。滑らかに呼吸する5.0LのV8エンジンを搭載し、トルクコンバーター・タイプの10速ATを介して後輪を駆動。最高出力は473psを発揮する。

サスペンションは、スチール製スプリングに、アダプティブ・ダンパーの組み合わせだ。

優雅でもあり、スポーティでもあるLC500。本格的なスポーツカーと、ラグジュアリーなグランドツアラーの境界をまたぐ。4シーターとして、ポルシェ911やBMW M850iなどと競合する位置にある。

 
最新試乗記

人気記事