【最高のソリューション】メルセデス・ベンツE 300de EQパワー 最終回 長期テスト

2020.06.27

サマリー

長距離に最適なディーゼルエンジンと、都市部に適したハイブリッド、ステーションワゴン・ボディという、理想的な組み合わせに思えるE 300de。短距離ならEVモードでの走行も可能です。実力を長期テストで確認します。

もくじ

積算2万1384km 筆者の知る限り最高のソリューション
EQパワーの良い点と悪い点
車内は平穏と静寂に包まれた別世界
滑らかでリラックスできるワゴン
セカンドオピニオン
テストデータ

積算2万1384km 筆者の知る限り最高のソリューション

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
英国では唯一、ディーゼルエンジンを搭載したプラグイン・ハイブリッド・モデルとなる、メルセデス・ベンツE 300de EQパワー・エステート。長期テストは最終回となるが、とても有意義なものだった。

ディーゼルエンジンは環境負荷を理由に、英国では人気が下火傾向。だが、プラグイン・ハイブリッドとの組み合わせは、その考えを改めてくれる可能性がある。

メルセデス・ベンツE 300de EQパワー SEエステート(英国仕様)
メルセデス・ベンツE 300de EQパワー SEエステート(英国仕様)

都市部では、EVモードなら排気ガスを一切排出しないで走行できる。長距離なら、クリーンディーゼルのメリットを享受できる。

フォルクスワーゲンによる不正を端に、ディーゼルエンジンは不当と思えるほどに評判が悪い。欧州以外の市場では、ディーゼルに対する関心も薄い。そんな背景もあって、E 300de EQパワーの人気は高まらないのだろう。だが、筆者の知る限り、最高のソリューションだと思う。

一番関心を持っていたのが、カタログ値やイメージと、実際との差。クルマだから、必ず違いが生じる。それはスペック表の信じがたい燃費や、CO2の排出量だけではない。

例えば価格。E 300de EQパワー・エステートは、同じエンジンを搭載したPHEVではないE 200dエステートと比べて、英国では9230ポンド(121万円)高い。

この差を燃料代で稼ぐには、相当な距離を走る必要がある。一方で英国の場合、会社からの貸与車両として考えると、課税制度でかなりの訴求力が出てくる。

 
最新試乗記

人気記事