【幸福で満たされる】ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブルへ試乗

公開 : 2020.06.27 10:20

ラグジュアリーさとスポーティさを兼備する、コンチネンタルGTのコンバーチブル。クーペほどではないものの、極めて満ち足りたドライビングを味わえます。スポーティ度の高いV8エンジンモデルを、一般道で評価しました。

世界トップクラスの自動車技術の好例

text:Matt Saunders(マット・ソーンダース)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
堂々とした車格をたたえるベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル。狭い交差点を直角に曲がるのは、得意分野ではない。

それでも、世界トップクラスの自動車技術を知りたい人にとって、ダイナミックな走りっぷりは、素晴らしい実例となる。より優れたクルマを望む人にとっても、期待はずれになることは、まずない。

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)
ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)

タイトなコーナーが近づいてきたら、侵入速度が多少速すぎても構わない。ブレーキを引きずりながらステアリングを切り、トランスミッションは2速に落とす。クルマは内側へと食い込んでいく。

旋回が始まったらコーナーの出口を捉え、手首を滑らかに動かす。アルミとスチール、レザー、ウッド、光ファイバーにゴムなどで作られた2.3tの車体は、見事にクリアする。

アダプティブ・エアサスペンションとアクティブ・アンチロールバー、トルクベクタリング機能付きの四輪駆動システムは知的に制御。明確なロールや揺れ、無駄な抵抗は一切排除され、ボディが望んでいるかのように曲がる。

落ち着いた車内にいると、まるでコンチネンタルGTを包む外の世界が回転しているかのよう。放牧地の牛がなぜ飛ばされないのか、不思議に見えてしまう。

クーペでもコンバーチブルでも、V8エンジンでもW12エンジンでも、最新のコンチネンタルGTは、極めて高水準な性能と、機敏な操縦性を獲得している。でも、もしスポーティなグランドツアラーがご希望なら、選ぶべきはV8エンジンの方だろう。

見事な調和に仕上がったインテリア

W12エンジンより軽量で、ハンドリングはわずかに鋭い。エグゾーストノートも、刺激的だ。AUTOCAR英国編集部の中でも、最も支持が高い。

0-100km/h加速なら、4秒程度でこなせるパワーも備える。今回英国で試乗した、コンバーチブルでも変わらない。

ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)
ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(英国仕様)

クーペのコンチネンタルGT V8と同様に、コンバーチブルも4シーター。異なるのは、雨風を凌ぐのが電動ソフトトップになることだけ。走行中でも48km/h以下でなら開閉が可能。ボタンに触れるだけで、20秒で頭上には大空が広がる。

ソフトトップを収容する都合で、リアシートの空間はクーペほど広くはない。充分な空間は残っているとはいえ、長時間乗っていられるのは子供程度だろう。

インテリアは、ベントレーらしく贅を尽くした素材が用いられ、実際に触れた時の印象も素晴らしい。どんな大人でも満足できるはず。

レザーとウオールナットが組み合わされたダッシュボード。クラシカルな操作スイッチと、美しい装飾が施された計器類。LEDのアンビエントライトとタッチモニターが、そこへ融合している。これほど見事な調和に仕上がるとは、実際に目にするまで想像できないと思う。

ドライバー正面のスピードメーターとタコメーターは、精細にモニターへ描き出されたもの。電源が落ちるまで、メーターが物質として存在しないとは、気づかないかもしれない。

ダッシュボードの中央にも、ワイドなインフォテイメント・システム用モニターが据えられる。好まなければモニターを反転させ、クラシカルな時計のみの眺めに変えることもできる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ベントレー コンチネンタルの人気画像

×