【最高のソリューション】メルセデス・ベンツE 300de EQパワー 最終回 長期テスト

公開 : 2020.06.27 11:50

車内は平穏と静寂に包まれた別世界

自宅には充電器を設置した。ポッドポイント社の高速充電器で、3ピンの充電器と比べると充電時間は半分以下だ。純EVと違い、比較的小さなバッテリーを積むPHEVだから、分単位で充電が完了する。

しかもバッテリーを満たすために必要なコストも安い。英国でも、電気代は軽油の値段の半分以下。ディーゼルエンジンの燃費で考えれば、42.5km/L相当のコストだといえる。電気代で車両価格のモトを取るなら、かなりの距離を走らなければいけないが。

メルセデス・ベンツE 300de EQパワー SEエステート(英国仕様)
メルセデス・ベンツE 300de EQパワー SEエステート(英国仕様)

今回の長期テストでは、短期間に1万8000km弱を走った。天候を問わず、メルセデス・ベンツの車内は平穏と静寂に包まれた別世界だった。

ただし、特に寒い季節は例外。1時間弱は静かにEVモードで走れるが、バッテリーが切れると冷え切った4気筒のディーゼルエンジンが、明確なノイズを伴って始動する。夢のような空間から引き戻されてしまう。とはいえ、エンジンが温まってしまえば、かなり静かにはなる。

目立った不具合もなかった。ガレージへ持っていったのは、スタッドレスタイヤへの交換をお願いしたときくらい。

銘柄は、以前マクラーレン720Sにも履いていたピレリ・ソットゼロだったが、とても好印象なタイヤだった。前回も記したが、激しく冠水した道路でも、タイヤは申し分なくクルマを進めてくれた。

それでは、E 300de EQパワー・エステートを強く勧めるか。英国では一番人気のステーションワゴンではないものの、筆者としては一番毎日乗りたいと思えるモデルだ。

滑らかでリラックスできるワゴン

2.0Lのディーゼルエンジンは賢明なユニットだが、プラグイン・ハイブリッドを選ぶ税金面以外での価値はどうだろう。もし荷室を優先するなら、EQパワーではない方が良い。高速道路の走行が中心ならE220dを選んだ方が、ランニングコストの低さを喜べる。

一方で、最も滑らかでリラックスできるステーションワゴンをお探しで、市街地と郊外や高速道路を走る割合が混在し、充電する環境があるのなら、間違いなくオススメしたい。E 300de EQパワー・エステートは、ガソリンエンジンのPHEV以上の訴求力を持っていることは確かだ。

メルセデス・ベンツE 300de EQパワー SEエステート(英国仕様)
メルセデス・ベンツE 300de EQパワー SEエステート(英国仕様)

セカンドオピニオン

E 220dを大きく超える価格が、E 300de EQパワーの魅力を大きく減じていることは理解できる。だがPHEVの魅力は、燃料代を削減できることだけではない。

ディーゼルエンジンやガソリンエンジンだけのモデルと比較してより速く、リラックスした運転も楽しめる。6気筒ディーゼルエンジンと比較して考えれば、価格差もずっと小さく感じられるだろう。 Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事