ニュース

2018.03.05

メルセデス-AMG C43 4MATIC、フェイスリフト 23psアップ 画像13枚

編集部より

メルセデス-AMG C43 4MATICが、フェイスリフトを受けました。大きな変更点は、パワーユニットです。ターボを大型化し、最高出力を23psアップさせました。画像13枚でレポートします。

C43 4MATIC、マイチェン 最高出力390psに

メルセデス-AMGは、2018年型のC43 4MATICを発表した。

3.0ℓ V6ターボは、過給機を大型化し、ブースト圧は1.1barを実現。最高出力が23ps向上している。

・最高出力:390ps/6100rpm(プラス23ps)
・最大トルク:52.9kg-m/2500-5000rpm(変更なし)

これだけのパワーアップを果たしながら、AMGによると0-100km/h加速のスペックに変更はなく、サルーンが4.7秒、エステートが4.8秒と発表されている。同様に最高速度も250km/hから変わっていない。


エクステリアの変更点は、
 新型のツインブレード・グリル
 新意匠のエアダクトを装備するフロントバンパー
 ボディ同色になったリア・スポイラー
 大型ディフューザーを装備したリアバンパー
 新デザインの4本出しクローム・テールパイプ
が特徴となっている。

またAMGスタイリング・パッケージでは、フロントバンパー内蔵型スプリッター、ワイドなサイドシル、リデザインされたリアバンパーを選ぶことができる。


インテリアもアップデートされ、デジタル・インストルメント・クラスター、12.3インチのインフォテインメント・スクリーンが搭載された。

 
最新海外ニュース