[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

祝ロータス70周年 チャップマンの息子 エヴォーラGT410スポーツを駆る

2018.04.13

100字サマリー

ロータスの70周年を祝うニュースが届きました。1948年、コリン・チャップマンが1台のクルマを完成させました。それから70年目を迎える今年、ロータス最新鋭のモデル「エヴォーラGT410スポーツ」が、もうひとりのチャップマンに捧げられます。

1948年 コリン・チャップマンの第1号車完成

ロータスが、今年70周年を迎える。それを祝して、グループ・ロータスのジャン・マルク・ゲールズCEOは、コリン・チャップマンの息子、クライブ・チャップマンに、最新モデルのキーを授けた。

エンパイア・グリーンをまとったエヴォーラGT410スポーツは、クライブとともにイギリス、そして欧州を旅することになる。

クラシック・チーム・ロータスのディレクターであるクライブと彼のチームは、世界中のモータースポーツ・イベントで歴史を築いてきたレーシング・マシンとともにサーキットを駆け巡るのだ。

ゲールズCEOはこう話している。


「2018年は、コリン・チャップマンが最初のクルマを作り上げて70年目となります。ロータスとクラシック・チーム・ロータスが、手を取り合ってブランドの栄誉を称えるには絶好の機会でしょう」

「エヴォーラGT410スポーツは、軽量設計、先進のエアロダイナミクス、ハイスピード・ハンドリングというコリン・チャップマンが彼の作品に望んだコンセプトをまさに体現しているモデルなのです」

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『祝ロータス70周年』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 
最新海外ニュース