祝ランドローバー70周年 動画 アルプスに巨大ディフェンダー

2018.04.12

100字サマリー

ランドローバーは、4/30に誕生70周年を迎えます。1948年にモーターショー・デビューしたランドローバー。ある兄弟が、砂浜に描いたスケッチが長い歴史のはじまりだったことをご存知ですか? 70年を祝すスノーアートに描かれたのは……。

ウィルクス兄弟のエピソード 再現

ランドローバーがアムステルダム・モーターショーで初披露されたのが1948年。それから70年を迎える2018年4月30日が、「ワールド・ランドローバー・デイ」とされることが発表された。

その70周年記念イベントとして、フランスのアルプス山脈の中腹に250mにもわたる壮大な「ディフェンダー」が描かれ、映像もあわせて公開された。


これは、当時ローバー社に所属していたある兄弟のエピソードに基づいている。

 エンジニアリング・ディレクターのモーリス・ウィルクス
 マネージング・ディレクターのスペンサー・ウィルクス

モーリスが兄のスペンサーに、レッド・ワーフ・ベイの砂浜で初代ランドローバーのスケッチを描き、提案したことがランドローバーのはじまり。それをスノーアートで再現した作品なのである。

このモーリス・ウィルクスが描いた先進的なデザインが「ランドローバー」と命名され、今日の「ディフェンダー」誕生のきっかけとなった。


70年後の現在、足で幾何学の形や線を描くスノーアーティストのサイモン・ベックが、今回の作品に挑戦。氷点下の気温にもひるまず、フランス、ラ・プラーニュに位置する標高2700mのアルプス山脈の中腹に「ディフェンダー」のシルエットを見事に描いた。

ベックが歩いた距離は16.5km、歩数では2万894歩に及ぶ。

動画がうまく表示されない方は、記事下の『祝ランドローバー70周年 動画』からご確認いただける。

 
最新海外ニュース