[ABARTH 70周年]嶋田智之が、いま見つめるABARTH 595

新型メルセデス-AMG A45 最高出力がリーク ドイツ保険会社から流出

2019.01.07

100字サマリー

新型メルセデス-AMG A45の最高出力が判明。ドイツの保険会社のウェブサイトに誤って掲載されたためです。掲載情報によると、ベースモデルは387psを発揮し、フラッグシップのSモデルは421psを発揮するということです。0-100km/hは3秒台の可能性も。

もくじ

Sモデルは421ps 0-100km/hは3秒台か
マクラーレン・セナを超える1ℓあたりの馬力

Sモデルは421ps 0-100km/hは3秒台か

もうすぐ登場するメルセデス-AMG A45の最高出力が判明した。ドイツの保険会社のウェブサイトに誤って掲載されたためだ。

ネット保険会社のHUK24はA45のスペック情報を有していたため、料金を計算する車名リストの中にA45を掲載し、12月にドイツ国内の個人利用でかかる費用を計算することが可能だった。

公式では発表されていないが、2.0ℓターボを搭載するA45には2種類のスペックが用意されるようだ。

ベースモデルは387psを発揮し、フラッグシップのSモデルは421psを発揮するという。どちらも四輪駆動システムを採用し、今年後半に発売される予定だ。

現行A45と比べると、ベースモデルが375psから10psほど強化されているが、Sモデルではなんと46psほど高められている。0-100km/hは4秒ほどとなるはずで、3秒台の可能性もある。

メルセデスが公開した「Not another Christmas video」では、多色の派手なラッピングが施されたA45がパワースライドを披露している。

 
最新海外ニュース