プジョー3008GTハイブリッド4発表 合計最高出力300ps 電気のみで59km走行

2019.08.30

サマリー

昨年のパリ・モーターショーで約束されたとおり、プジョー3008にプラグインハイブリッド仕様が加わりました。エンジン+前後のモーターによる四輪駆動。電気のみで59kmの距離を走行可能です。

もくじ

燃料消費は100kmあたり1.3L
来年には前輪駆動ハイブリッドも追加

燃料消費は100kmあたり1.3L

プジョーが、3008GTハイブリッド4を発表した。プラグインハイブリッドのSUVとして、市場ではヒュンダイ・コナ・ハイブリッドやトヨタC-HRのライバルとなる。

欧州では今年10月に発売されるこの3008の電動化バージョンは、最高出力200psを発生する1.6L直列4気筒ガソリン「ピュアテック」エンジンに加え、2基の電気モーターがそれぞれ車体の前後に搭載されている。

電気のみで59kmの距離を走行可能
電気のみで59kmの距離を走行可能

1つ目のモーターは8速オートマティック・トランスミッションに統合され、最高出力110psを発生してエンジンをアシストしながら前輪を駆動。もう1つのモーターは112psを発揮して後輪を駆動する。プジョーによればシステム合計で最高出力は300psになるという。

13.2kWhのリチウムイオン・バッテリーを搭載し、電気のみで59kmの距離を走行可能。そのため、WLTP基準による燃料消費量は100kmあたり1.3L(約76.9km/L)になるという。CO2排出量は、現在販売されている四輪駆動モデルとしては最も少ない29g/km。プジョーによれば、バッテリーは7.4kWの充電器を使えば1時間45分でフル充電できるという。

同じプラグインハイブリッドのパワートレインは、オペル/ヴォグゾールのグランドランドXハイブリッド4にも搭載されているが、3008GTハイブリッド4の0-100km/h加速は6.5秒と、グランドランドXハイブリッド4より0.5秒ほど速い。

 
最新海外ニュース