英国バックヤードビルダー訪問記 テンペスト・オブ・イングランド編 後編

2019.09.29

100字サマリー

英国が誇るバックヤードビルダー文化の神髄に触れるべく、ウスターシャーにある3つのガレージを訪問しました。それぞれが個性溢れるクルマを創り出す真のエンスージァストたちであり、まさに英国自動車文化を支える存在でもあります。最初にご紹介するのはテンペストです。

もくじ

古いものが好き ビールは遠慮
テンペストの権利 ジョーの手に
希少なロードスター 最高に魅力的

古いものが好き ビールは遠慮

1980年頃の6気筒エンジンを積んだホンダCBXがタンクを外された状態で、作業が開始されるのを待っている。部分的に完成している一対のテンペストのシャシーとボディパーツが小屋の一角を占拠しているが、この混乱の中心にあるのは、それぞれが新たなオーナーとメンテナンスを待つ3台のテンペストだった。

わたしの驚きを見透かしたように、ジョーは工具の重みで湾曲している工具棚の脇を抜けて狭い木製階段を上ると、オイルが沁み込んだ大きな木製テーブルと、奇妙な1960年代製のキッチンレンジが占拠する部屋へと案内してくれた。

テンペスト・オブ・イングランド その1
テンペスト・オブ・イングランド その1

「古いものが好きなんです」と、嬉しそうにメイソンは話す。「この見事な古いキッチンは誰かが捨てたものですが、思わず持ち帰って来てしまいました」

ビールを勧められたが、まだ午前9時30分だったので、彼のテンペストのビジネスについて詳しく話しを聞くことにした。

テンペスト850と呼ばれるこの2シーターのロードスターは、1987年、TVR 350iのデザインを手掛けたジョン・ボックスと、同じようなモデルのティール・ブガッティのクリエーターであるイアン・フォスターにリライアントが製作を依頼したことで誕生している。

 
最新海外ニュース