[アバルト70年の歩み]特別コンテンツ

レクサス初の量産EV「UX 300e」 次世代電動車向け四駆システム「eアクスル」採用 試乗

2019.11.22

100字サマリー

レクサスが、同社の量産車初のEV「UX 300e」を発表しました。次世代四輪ハイブリッドシステム「eアクスル」採用しています。中国のマーケット向きのモデルですが、既存のC-HR EVとは異なるアプローチです。

もくじ

レクサス「UX 300e」、中国市場が最優先
走り重視のUX 300e、C-HR EVと差別化
メディア関係者が事前試乗 初の試み
乗ってみた スポーツカーのような走り味

レクサス「UX 300e」、中国市場が最優先

text:Kenji Momota(桃田健史)

レクサスインターナショナルは11月22日、中国広州モーターショーの報道陣向け公開日でレクサス初となるEV(電気自動車)の「UX 300e」を世界初公開した。

UX 300eは出力150kw、最大トルク300Nmのモーター1基による前輪駆動(FF)車。駆動用電池は、パナソニック製で電池パックの電量容量は54.3kwhとした。満充電での航続距離は400kmという。

レクサスUX 300e
レクサスUX 300e

UXはレクサスのSUVラインナップの中で、LX/RX/NXに次ぐエントリーモデルに位置付けられる。これまでにUX200とハイブリッド車のUX250hが2018年後半から世界各地で導入されている。

そうした中で今回、日米欧に先駆けて中国でUX 300eを公開した理由は、2019年から施行されている新エネルギー車(NEV)規制への対応だ。

NEV規制では、中国で自動車を製造販売するメーカーに対して、目標となる環境対応のクレジットを定めており、これは事実上のEVや燃料電池車の販売台数規制になっている。

トヨタ・ブランドとしては2019年4月の上海モーターショーで、C-HR EVを世界初公開している。このC-HRとレクサスUXは、トヨタ次世代プラットフォームのTNGAで中型車向けのGA-Cで共通化している。

NEV規制対応でC-HR EVの販売を伸ばすことで、UX 300eで使用する車体や部品の量産効果を狙った。

ただし、トヨタのEVとレクサスのEVでは、商品性に違いがある。

 
最新海外ニュース