【ビリオネアのお買い物は会社?】 カナダF1レーサーの父、英アストンの大株主になる日 

2019.12.09

サマリー

カナダの億万長者ローレンス・ストロールは、イギリスの高級車メーカー・アストン マーティンの主要株主となる準備を進めている模様。AUTOCAR英国編集部がRaceFans.netと連携し、その調査結果を公表。「今が買い時」と判断したようです。

もくじ

買うなら今? 大富豪投資家の勝算
調査の裏で株価上昇 両者から回答なし
株価低迷、販売減速 厳しい評価 

買うなら今? 大富豪投資家の勝算

text:Jim Holder(ジム・ホルダー)
translation:Taeko Yamamoto(山本妙子)

ローレンス・ストロールは、推定資産が20億ポンド(約2851億円)を超えると言われる大富豪だ。F1ドライバー・ランスの父でもあり、(ランスの所属する)レーシングポイントF1チームのオーナーでもある。

また、クルマのコレクターとしても名高い。その中には、世界で最も貴重なクラシックフェラーリのコレクションと称されるものも含まれる。

現在、株価は低迷。
現在、株価は低迷。

投資や所有の対象はクルマだけではなく、ファッション・ジュエリー業界にも及ぶ。仏ピエール・カルダン、米ラルフ・ローレン、米トミー・ヒルフィガー、英アスプレイ、英ガラードなどに投資し、ブランドを構築している。

投資家として、そしてクルマのコレクタ―としての彼の関心が、今回はアストン マーティンの支配権獲得へ向けられたものと思われる。

現在、アストン マーティンの株価は低迷し、販売状況は予想を下回っている。

一方で、初のSUV「DBX」が正式発表されたばかりだ。

おそらく、彼は成功すると見積り「今が買い時」と判断したのだろう。

 
最新海外ニュース

人気記事