【健康リスク減らす】ジャガー・ランドローバー 運転中もシートが筋肉刺激 歩行同様の運動へ

2020.01.22

100字サマリー

ジャガー・ランドローバーは、まるで歩いているかのように筋肉を刺激する新しい変形カーシートを開発しています。長時間座った姿勢をとることにより、足、腰、臀部の筋肉を著しく損傷する健康上のリスクを減らすことができるそうです。

新しい変形カーシート

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)

ジャガー・ランドローバーは、まるで歩いているかのように筋肉を刺激することができる新しい変形カーシートを設計している。

ジャガー・ランドローバーのボディ・インテリア・リサーチ部門は、運転中に長時間座ることによる健康上のリスクを減らすため、筋肉の動きを促すカーシートの開発を行っている。

ジャガー・ランドローバーの新しい変形カーシート。
ジャガー・ランドローバーの新しい変形カーシート。

座る人に合わせて自動的に調整が可能となるようだ。

世界保健機関(WHO)によると、世界の4分の1以上の人(14億人)が長時間座った姿勢をとることにより、足、腰、臀部の筋肉を著しく損傷するリスクにさらされている。

頻繁にドライブする人は特にリスクが高くなる。

この革新的な新しい技術は、クルマの安全性と人の健康を改善するための、同社の大きなプロジェクトである、デスティネーション・ゼロの一部となっている。

このプロジェクトは、「排出ゼロ、事故ゼロ、渋滞ゼロ」の3つのゼロの実現を目標としている。

デスティネーション・ゼロの以前の研究では、乗り物酔いの影響を減らし、紫外線を使用して風邪やインフルエンザの広がりを抑えることに焦点をあてていた。

ジャガー・ランドローバーのチーフ・メディカル・オフィサー、スティーブ・アイリー博士は「お客様と従業員の健康は、すべての技術研究プロジェクトの中心です」

「世界中の人々に影響を与える問題への取り組みを支援するために、エンジニアリングの専門知識と、自動車業界ではこれまで見られなかった革新的な技術を使って、未来のカーシートを開発しています」と語っている。

 
最新海外ニュース