【テスラ・モデル3に強力なライバル】ポールスター2 ファストバック 408ps 7月納車 欧州

2020.03.30

サマリー

ポールスター2の生産が中国で始まりました。408psのパワーと、500kmの航続距離をもつ、このEVパフォーマンス四輪駆動モデルの、販売価格は邦貨にして670万円から。7月に欧州で納車が始まります。

もくじ

ポールスター2の生産開始
航続距離500kmを提供
グーグルのサービスを搭載

ポールスター2の生産開始

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

ポールスター2の生産が、中国の上海で開始された。

このボルボから派生した、電動パフォーマンスブランドの2番目の量産モデルは、今年の夏から欧州で納車が始まり、続いて中国と北米で発売される。

ポールスター2
ポールスター2

ポールスター2の生産は、ジーリー・ホールディングが保有し、ボルボが運営する、上海南部にある路橋工場で行われる。

この工場では、ボルボのコンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)を採用する、中国市場向けのXC40とリンク&コー01の生産が行われている。

ポールスター2は、この工場で製造される初めての完全な電気自動車となり、最初の納車は7月に予定されている。

「テスラ・モデル3に対抗する、初の電動モデル」と呼ばれるこの新しいモデルは、S90などのボルボモデルから、デザインのインスピレーションを得た、5ドアのファストバックとなっている。

昨年のジュネーブモーターショーで初めて披露され、その後グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでも展示されている。

航続距離500kmを提供

ポールスターの販売はオンラインのみとなっており、すでに受付が始まっている英国では、予約金1000ポンド(13万4400円)を支払い、ウェブサイト上で予約することができる。

販売価格は、オンザロード・パッケージ付きで4万9900ポンド(670万円)からと、ポールスター1より手頃な価格となっている。

ポールスター2
ポールスター2

このパッケージには、3年間の定期サービスとメンテナンス、およびVAT税が含まれている。

最初の12か月は、約5万1000ポンド(685万円)で販売される、ローンチ・エディションのみが生産され、続く標準モデルの参考価格は、テスラ・モデル3と同等の、約3万4500ポンド(464万円)とされている。

2基の電気モーターが前後のアクスルに取り付けられ、27組のモジュール、78kWhバッテリーパックがフロアに格納された、四輪駆動となっている。

シャシーの剛性を高めるこのパックの採用により、従来のシャシーと比較してロードノイズを3.7dBも削減することに成功している。

パワートレインは408psと67.3kg-mのトルクを生み出し、0-97km/h加速は5秒未満、WLTP値での航続距離は500kmまで達し、モデル3とジャガーIペイスと対等に戦える数値となっている。

価格帯の低いバージョンのパワートレインについては、まだ明らかにされていない。

グーグルのサービスを搭載

現行のボルボモデルからインスピレーションを得たインテリアには、新しいアンドロイド搭載のインフォテインメント・システムを含む、新しいテクノロジーを備えている。

初めてこのオペレーションシステムを、採用する量産車の1つであるポールスター2のについて、同社は「アプリと車両機能が共存する、確実で適応性のあるデジタル環境を提供します」と述べている。

ポールスター2
ポールスター2

グーグルアシスタント、EV固有の機能を備えたグーグルマップ、グーグルプレイストアなどのグーグルのサービスが、すべて11.0インチのタッチスクリーンでコントロール可能となっている。

数多くのコネクテッドサービスや、スマートフォンをクルマのキーとして利用する機能などの技術も搭載している。

ボルボのモデルと同様、パイロット・アシスト半自動運転、LEDマトリックスアダプティブハイビームライト、自動緊急ブレーキなどの安全機能が利用可能となっている。

デザイン責任者であるマクシミリアン・ミッソーニが「ポールスター2を購入される未来志向のカスタマーにアピールする革新的な素材」と呼ぶ、今トレンドのヴィーガン・インテリアも標準装備している。

 
最新海外ニュース

人気記事