【新エンジン】ジープ・コンパス改良新型、1.3Lターボに PHEV「4xe」も追加へ 欧州

2020.06.05

サマリー

中型SUV「ジープ・コンパス」が、欧州でマイナーチェンジ。ガソリン車が、1.3Lターボ+6速DCTになりました。現時点では、前輪駆動のみのラインナップですが、今年中にPHEVの四輪駆動も追加へ。

もくじ

フィアット500Xのユニット搭載
PHEV「4xe」追加 年内に

フィアット500Xのユニット搭載

ジープの中型SUV「ジープ・コンパス」が、欧州でマイナーチェンジ版に生まれ変わった。新エンジンとして、1.3Lターボが採用されている。

今回発表された2020年モデルのガソリン仕様に積まれるのは、フィアットの小型SUV「フィアット500X」でデビューした新ユニットだ。

ヨーロッパで発表された改良新型コンパス。PHEV車の年内追加も明かに。
ヨーロッパで発表された改良新型コンパス。PHEV車の年内追加も明かに。

ヨーロッパでは、130ps仕様が6速マニュアル。151ps仕様が6速DCTという組み合わせになっている。

DCTの採用により「スポーツ」モードが新たに追加されたのもニュースである。

これを選ぶと、シフティングのプログラムが変更され、スロットル・レスポンスを高めるためにローギアで引っ張ることができるほか、操舵に重みのある引き締まったハンドリングが提供される。

PHEV「4xe」追加 年内に

改良新型コンパスの欧州ラインナップは、現時点では前輪駆動のみとなる。

それでも、今年の後半には、プラグイン・ハイブリッド車である「4xe」が追加されるだろう。こちらは、同じ1.3Lユニットながら、リアアクスルにモーターを設置して四輪駆動が可能となるもの。

デュルクラッチ・トランスミッションに変わっている。
デュルクラッチ・トランスミッションに変わっている。

「4xe」の予想最高出力は190ps、240psという2種類になる可能性もある。

また、欧州では1.6Lディーゼル「マルチジェットII」搭載車も用意されているが、前輪駆動のみとなる。

これ以外の改良新型の変更点は、ステアリングの操舵感を通常は軽めで、操舵とともに重みが増すようにリチューンしたこと、ボディの振動を抑えブレーキング時の安定性を高めた新ショックアブソーバーの採用が挙げられる。

スタイリングは小さな変更にとどめた。ブラックルーフと組み合わせることもできる新ボディカラーを追加したほか、新しいホイール・デザインが追加されている。

また、トノカバーも新たな形状に作り直されている。

 
最新海外ニュース

人気記事